「川崎33」のナンバーを引き継いだ、左ハンドル仕様の1998年式ルノー ラグナ

公開日:Posted in よもやま話 by

前にもご紹介したかもしれませんね。私の愛車マセラティ430、今年の猛暑の中、エアコンガスがどこかから抜けてしまったようなのです・・・。コンプレッサーは動いているので、おそらくはガスを充填すればいいのですが、こういうのは虫の知らせかもしれません。日常の使用にマセラティ430を用いるのは気が引けていました。こういう症状は、「こんな猛暑の中、アシに使うな!」という、クルマからの悲鳴のような気がしていました。昔はエアコンはつけずに乗っていましたが、私も年を取ったものだと思います・・・。

しかし、お金がない。悲しくなるくらいお金がないのです。何かクルマを迎え入れるにしても、安いクルマと言っても手に入れればそれなりの出費がッ掛かります。まあ、そう都合よくクルマは見つからないだろうと思っていた矢先でした。取材の帰り、久しぶりに東京都大田区のアウトレーヴにコーヒーでも飲みに行こうと寄ってみると、ムッシュこと平澤さんに「込みちゃんいつもいいところに来るね」と言われたのです。そこにあったのが、このルノー ラグナでした。

1998年式のRXE。珍しい左ハンドルで、オールレザー「バカラ仕様」。トランクのスーツケースもかなりきれいな状態で残っています。距離は34000km台。「実はもう廃車しかないかなと思って。廃車にすれば解体屋さんに買ってもらえるし。」ということで、多少のきんすを支払って引き取ったのだそうです。

しかし、商品車にするには、外装の状態、色褪せが気になります。引き取ってはみたものの、売ろうにも売れない・・・。小売りをするとなればそれなりに責任も伴います。さらに、車検が間もなく切れる状態でした。フランスモータース、ヤナセが仕入れたこのクルマ、以降、ことあるごとに点検整備はディーラーで受けている個体でもあります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...