「まぐろだけボーノ白川」へ。ドライブで三崎に出かけ、マグロが食べたくなり走った

公開日:Posted in よもやま話 by

神奈川県、三浦半島の先、三崎港はマグロの水揚げで有名ですね。神奈川県民でもある小生は、ドライブがてらよく三崎まで行ったものでした。大きな漁船が停まり、港周辺にはそんな場所柄マグロを扱う料理店や、海産物のお店も多い地域です。ですから、三崎に行くと、かなりの確率でマグロが食べたくなるものです。私も実際に食べたくなりました。

今日ご紹介するお店は、マグロだけの専門店。開店して半年くらいしてから行くようになったので、もう20年以上通っていることになるでしょうか。そんなお店です。とても質の良いマグロを、しっかりと食べごろを見計らって出してくれるので、美味しく、盛りもよく、安い。(安くなければそんな長く通えるわけがありません汗)SNSにちょっと写真をアップすると、行きたい!とか連れていけ!などまあ次から次へとコメントが来るものです。

正直教えたくないし、みんなで行ってここで食事会をするようなお店でもありません。ですから、行きたければ勝手に行ってください、とか言っていました。そのため、最近はあまり言われなくなりましたが、それでも大好きなこのお店、個別に何か近くへ行く機会があれば、寄ってみるのもいいのではないかというお店。ここについて紹介しておこうと思います。

まずこのお店、どこにあるかというと。東京の六本木です。首都高の谷町ジャンクションのところにあります。え?三崎ではないの?「はい、三崎ではありません」。三崎港に行くとマグロが食べたくなるだけで、あのあたり、美味しいのもありますが、値段は安くありません。安いのはそれなりです。いいものは、すでにマグロ仲買人が押さえ、三崎港に着く前に買い手が決まっているそうです。そんなマグロは、水揚げされたら、基本的には築地に向かいます。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...