「1930年製だけど」シトロエンC6を乗せていただきました

最終更新日: 公開日:2016-06-19 | Posted in よもやま話 by

IMG_3351

よもやま話、しばらくお休みしてしまいました。いろいろ立て込んでいたのもあるのですが、単なる、「こんなことやこんなことがありました」のブログ的なものではなく、内容的には今までのような流れながら、もう少し項目ごとに扱っていこうということになり、少し紹介の仕方を変えようか、と編集部と話したりしておりまして。しかしやめるということではないので、これからもあちこち出かけては、見たもの、口にしたもの、聞いたことなど、ご紹介していこうと思います。

IMG_3298
ガレージには暖炉もあり、いい木の香りに囲まれている。もちろん貴重なクルマにフィットするサイズだが、蓄音機、冷たい飲み物など、ものすごく居心地のいい空間だ。

さて今回はちょっと珍しい車に乗せていただいた話。取り上げたいと思います。シトロエンC6に乗せていただいた、という話です。「え、試乗記?」「最近のそんなクルマ、乗ったことあるよ。」という声も聞かれそうですね。最近まで作っていたシトロエンフラッグシップカーC6、かなり大きくクラスが上がりすぎてしまった印象もあり、台数的には世界的にもあまり売れないクルマだったようですね。私の周りでも何名か乗っておられる方がいらっしゃいます。ハイドロシトロエンの集大成。そう言ってもいいのかもしれませんね。

IMG_3328
我がマセラティ430と記念に一枚。マセラティ乗りに取ってシトロエンは常に気になる存在だ。SMとカムシンなど両社が生んだ名車も忘れることはできない。

でも私が乗せていただいたのは実はハイドラクティブサスペンションは付いていません。なぜならば今回乗せていただいたのは最近作っていたそのC6ではなく、「1930年製のC6」だからです。今回大田区の自動車販売店「アウトレーヴ」が、文化芸術など、クルマ以外の新しいムーヴメントを創造していく新会社「ポン・ド・レーヴ」を設立。そのお披露目を兼ねた「ツーリング・コンサート」が開かれたのが軽井沢のアンシェントホテル浅間軽井沢で、このクルマを収めるガレージが敷地内に建ち、ここを訪れた人は誰でも見ることができるという。

実はこのガレージも、ガレージがあってそこにに収めるクルマを買い入れたのではなく、このC6を収めるためにガレージのスペシャリスト「カクイチ」が設計施工した特別なガレージなのです。このC6を納車したばかりではなく、ガレージの空間演出なども手がけたことが、アウトレーヴが「ポン・ド・レーヴ」を発足させた大きな足がかりになっている、ということもあり、新会社お披露目のイベント会場にこの場所が選ばれました。その意味では、このクルマも、今回の主役の一人のような存在だと言えるかもしれません。

IMG_3224
シトロエンC6「ハイドッラクティブサス、壊れない?」と言われたら、「うちのはそういうんじゃないんだ」と言ってみたいものだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...