「国産ガイシャ」マツダ アクセラ ディーゼルにて、秋田さんに会いに行く道中の試乗記

公開日:Posted in よもやま話 by

カレントライフではまあ書いたとしても、輸入車の試乗記くらいです。読者も輸入車の方が多く、経路が少し違うのかな。私自身もそう思いますが、編集部から断固言われているのです。しかし昔から「国産ガイシャ」国産車にあって国産車の感覚というより輸入車のそれに近いクルマというのが少なからず存在しています。今でいえばアクセラはその最右翼でしょう。先日お邪魔した京都府南丹市まで、取材のアシにアクセラの新しく追加になったディーゼルに乗りました。個人的にはかなり気に入ってしまいましたので、本編の試乗記のコーナーでははじかれたものの、よもやま話のコーナーに書いておくことにいたします。

そんなわけで、先日商品改良が入ったばかり、マツダアクセラに新たに加わった1.5XD。ガソリン2.0リッターが国内向けの設定がなくなり、グレードの中核を担うエンジンになった、このコンパクトなディーゼル車に乗って京都南丹市に出かけることにしたのです。

IMG_5633
▲ヘッドアップディスプレイも装備されない1.5XDは従来の2.0リットルガソリンエンジンのグレードに代わる中核のエンジンを搭載した、もっともベーシックな仕様。しかしこれでいい、というかこれがいいと思わせるさっぱりとしたクルマだった。秋田さんのガレージの前で。

img_20160827_173830

今回、アクセラにGベクタリングコントロールという微妙なトルク配分を常に行って、より自然に、滑らかに運転することができる制御が入ったことが話題の一つでした。「長距離でこそその真価がわかりますよ」というマツダの方のアドバイスもあり、であれば、大井松田、鈴鹿をはじめ、今や適度に流れ、しっかりストップ&ゴーも体感できる下道で京都を往復することにしました。移動日に丸一日を充て、東海道でじっくり堪能しました。カレントライフでは輸入車のライフスタイルWEBマガジンということもあり、通常はあまり国産車の試乗記は書きませんが、輸入車オーナーの方にも知っていただきたいという点、そもそもマツダ車の独特な「国産ガイシャ」のような立ち位置であるという部分。そして何より、片道500キロの旅のアシにしてよかったと思える重要な部分がこのクルマよる部分が少なくなかったという点でとてもこのクルマによるところが大きかったので、簡単にそのことも振り返りたいと思います。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...