走行距離が少ない=良い個体と思っていませんか?走行距離だけでは判断できない旧車のコンディション事情とは

公開日:Posted in トリガー by

現在中古車に乗られている方も、これから中古車を買おうかなやんでいる方も、中古車というとやはり走行距離は気になるポイントでしょう。当然、中古自動車を選ぶにあたり、大きな指標の一つとなるのは走行距離です。その理論はこうです。(同じ年式、同じモデル、グレードの車があったと仮定して。)

走行距離が少ない=あまり走っていない=各部の傷みが少ない=状態が良い=壊れない=リセールもよい

だから走行距離の少ないクルマを選んでおけば、良いクルマが買えるし間違いがない!ということになります。確かに、ある程度年式の新しいクルマであれば、それでも良いかもしれません。しかし、20年、30年、ましてや50年経過したクルマにおいても同じことが言えるのしょうか?

古いクルマは走行距離よりもコンディションを重視

ここで面白い話があります。70年代前半より新しいモデルについては、皆さん走行距離について気にされる方が多いということ。逆にそれより古い車については、もうこの年式だと走行距離なんてわからないよねという感じになるのです。

確かに、70年代前半ころまでは、5桁メーターでメーターも一回りしているのか二回りしているのか分からない、整備記録簿も残っていない車両が多いのは事実です。そしてそれが当然のこととして認識されているのです。一口で言うと、古いクルマは走行距離よりも現時点でのコンディションが重視され、ちょっと古いクルマから新しいクルマは圧倒的に距離で判断される。そんな図式になっているのが現在の中古車市場なのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...