【車の下取り】は損!下取りと買取りの違いを理解しておくと売却時に困らない話

公開日:Posted in トリガー by

車の買い替えを予定している場合、ディーラーで下取りをお願いしようか、それとも買取業者に売却した方が得なのかで悩まれている方も多いと思います。また車の売却をしたことがない人であれば、そもそも下取りと買取は何が違うのかイマイチ分かっていない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?   

車の下取りよりも買取りの方が圧倒的に高く売ることができます。                    

今回は、そんな車の買い替え時の「下取り」についてお話しようと思います。

車の下取りと買い取りの違いについて深掘り

ではまずは下取りとは何なのか、買取店での買取とはどんなものなのかを解説していきます。これを理解しておくことで車乗り換え時や売却時に損をすることはないでしょう。

そもそも車の下取りとは?

下取り(したどり)は、新しい商品を購入することを条件に、それまで使用していた古い商品を販売店が買い取ることです。自動車における下取りという概念が出来たのは20世紀前半のアメリカで、フォードT型が一般大衆に普及すると後年に古くなったT型からの「買い替え」という需要が発生します。しかし、この時フォードは低価格に固執するあまり1920年代に入ってもT型に拘り続け、顧客はわざわざ旧態化したT型を新たに買いなおす事よりも、より装備の充実したシボレーやダッジ等に魅力を感じるようになり、それらのフォードのライバルメーカーが旧型のフォードT型を買い取る形でその分を差し引いた価格で販売し、フォードの顧客の囲い込みを始めます。また同時に下取りした車を安価に販売するということで中古車というマーケティングも確立します。

現在、新車ディーラーや中古車販売店等の自動車販売店であれば必ず購入時は必ず下取りをしてくれます。

ところで、日本の中古車販売店の多くは元々、自動車整備工場がお客さんに車を販売した際、下取りしたクルマをそのまま値札をつけて店頭で販売しているうちに次第に敷地内に商品車の数が増えて、自動車整備よりも新車・中古車販売のほうがメインになっていったというケースが多いのだそうです。〇〇モータースや△△自動車といった整備工場っぽい屋号だったり、自社整備工場完備を謳っている中古車販売店はだいたいこのパターンのようです。

車の買取とはどういうこと?

下取りと違い、車の購入とは関係なしに、査定してその車の市場価格に見合った金額で買い取ってもらうシステムです。査定額が「購入する車の支払金額」に反映される形でお客さんに還元される下取りと違い、買取は査定額がそのままお客さんに支払われるため、車を現金化したいという場合には便利な商形態でしょう。中古車買取を行っている業者は、中古車に買い取ることに特化したお店が多く、自社ではあまり在庫を持たず、店頭での車両販売もごくわずかか、もしくは買取店舗とは別で自社の販売店舗を運営していることがほとんどです。

中古車のマーケティングとしては比較的新しい業態でしょう。中古車の市場が成熟し規模が大きくなると、中古車にも需要と供給というバランスが発生します。それまで新車の買い替え時に発生する下取り車を待っているだけでは、中古車市場の需要を満たすことが出来なくなります。そこで、特定の中古車を欲している業者に「商品」の供給を専門にする業者が現れます。現在、使っている車を手放したいというユーザーから直接その車を買取り、直接その車を商品として欲しがっている業者に卸すという業態です。新車の販売が伸び悩み、新車よりも中古車の流通量が逆転してしまっている現在においては、ますます重要な業態と言えるでしょう。

それぞれの特徴とメリット・デメリット

それぞれの違いは理解していただけたでしょうか、ではここからはそれぞれの特徴と、メリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...