三菱・スズキ両社の燃費不正問題、国の検査体制にも目を向けてみる

最終更新日: 公開日:2016-06-06 | Posted in テクノロジー by

2016年5月、三菱自動車が燃費計測データに手を加える不正問題が明らかになったほか、スズキも国が定めた計測方法ではなかったと発表した。独フォルクスワーゲン社のディーゼルエンジン不正事件を笑えない不祥事だが、その背景にはメーカーに投げっぱなしであった国の検査体制にも大きな原因があると考えられる。

三菱自動車のケース

2016年4月に発覚した三菱自動車の不正検査体制の概要を説明すれば、本来燃費計測では、タイヤと路面の摩擦や空気抵抗などで生じる「走行抵抗」を「惰行法」という手法で計測することになっている。この走行抵抗をシャシーダイナモに入力して燃費を計測するわけだ。

惰行法は、一定速度で走行中の車両のギアをニュートラルにし、惰性で走っている車が減速にかかった時間を計測して抵抗値を図る手法だ。最低3回以上計測し、バラつきが大きい場合は回数を増やしていく。こうやって目的の速度域まで、10km/hずつ速度を上げ、何度も計測していく。

02
▲JC08モードでも燃費測定はシャシーダイナモを利用して測定する。このときに指定する走行抵抗値が不正の対象となった。(国土交通省資料「燃費測定モードについて」より)

これに対し、三菱自動車では北米で採用されている「高速惰行法」を使って計測していた(厳密にはアメリカ方式とも多少異なる)。こちらは一定速度まで速度を上げてギアをニュートラルにするのは同じだが、1秒ごとに何km/h速度が落ちているかを測って抵抗値を計測する手法だ。高速惰行法のほうが、惰行法よりもシンプルで、計測回数も少ない。ただし高速域はいいが、低速域では若干数値がバラつく(3%程度)ため、三菱自動車では独自に補正をかけていたという。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:海老原 昭

IT業界を中心に、政治経済からオタク業界まで、基本なんでも屋のフリーライター。輸入車のマニュアルや...