特有の五月蠅さがない!?「フォルクスワーゲン パサートTDI」試乗レポート

公開日:Posted in 試乗レポート by

輸入車ディーゼルの画竜点睛。フォルクスワーゲンのパサートにTDIが追加されました。そのパサートに関して、比較的流れのはやい交通の中での試乗をということで、山梨県山梨市で開催されたプレス向け試乗会に参加させていただくことができました。

ここではブリーフィングのあと、その惜しみなく湧き出るトルクを堪能できるコースで真新しいフォルクスワーゲンのディーゼルエンジンを試すことができ、「ジャスト」と「らしさ」を素直に感じることができました。その時の感想を記しておきたいと思います。

パサートTDIは足元の技術を磨いた安定したモデル!

ワーゲンのディーゼル、ゴルフ2のカタログでしたでしょうか。祖父の家に近所のヤナセのディーラーがおいていったゴルフのカタログの、ディーゼルモデルの項目に書かれていた「1000キロ無給油で走ることができます」という内容は、子供ながらにとても衝撃を受けたのを覚えています。

それから四半世紀以上の時間がたつのでしょうか?時代は移ろい、ディーゼルエンジンのモデルが国産車輸入車合わせて、ずらりと揃う時代になりました。その顔ぶれの中に、さまざまな事情もあってフォルクスワーゲンが名を連ねていないことに個人的には寂しいというのが率直な感想でした。

そんな状況で投入されることになったのがパサート。ここにはある種の見識も感じます。モデル最末期ではないものの、ベース車の品質も安定したモデルで、しかもあまりエフィシェントコンシャスでもない、機関的にゆとりを持たせられる(ディーゼル乗用車としては主流の2リッター)クラス。また、近いカテゴリーにも充実しており、マーケットニーズにもこたえられるサイズなど、ムダなチャレンジを要さずしっかり今ある足元の技術を磨いて準備できた内容なのではないでしょうか。

パサートTDIに関しての意気込み

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...