プジョー508SWに試乗。なぜ、ドライビングプレジャーなんかをわざわざ標榜するの?

公開日:Posted in 試乗レポート by

クルマが楽しいというのは時に考えものです。日限の切られた締め切りや、WEB時代の宿命で、ソースが発生したら遅滞なく書け!という締め切り無き締め切りに追われているのに、それでもなお星がきらめく夜空を仰いでみんなの道路を独り占めにしていつまでも走りたくなるのですから。

そして、クルマが楽しいと、それで行きたい場所とか言えば「指宿」などと安易に口走る。それは一番遠くのようですが、それはない世の是非ではなく「ただ遠くまでひたすらに走りたいだけだろう」と。クルマの楽しさはどうも人間の発想を陳腐にさせるらしい。実に由々しき問題であります。

ドライブインシアターなどという、ずいぶん前時代的な催しがあるというので、実はちゃんと動くラジオのついているクルマを至急用意せねばならなかった、というのが今回の試乗のきっかけであることは内緒ですよ。しかし、せっかく乗るのであれば、前から気になっているクルマ、乗ったことのないクルマに乗る。乗りたくなるではありませんか。「あと、プジョー508もございますが。」電話口の広報氏からその言葉を聞いたとき、正直「ヨッシャ!」と思ったのでした。なぜならガソリンの308GTIの印象が望外よかったことと、このディーゼルの508、乗った人すべてが「いいよ!ぜひ乗った方がいい!」というクルマだったからです。

プジョーの圧倒的な個性というか、存在意義というか、正直ピンと来なかったのだが…

日本では小さなクルマが主流だと言われますが、フランス車は大きなクラス。異国の香り、すなわちこの場合は日本ではなくフランスらしさとでも言いましょうか。それが一番丁寧に表現されてきたのが、大きなフランス車たちだと思うからです。そして、多くのフランス車ファンの方には申し訳ないけれど、デザインは好きだがクルマの良さとしては、さっぱり刺さることがないのがプジョーでした。日本の良くないところですが「猫アシ」。用語が先行しますよね。

しかし特に筆者が物心ついたころのプジョー、シトロエンと同じエンジンを搭載しているわけです。そうなると俄然、大いにしっくりと刺さるシトロエンに対し、プジョーの圧倒的な個性というか、存在意義というか、わたしはあまりピンと来なかったのです。同じエンジンでシトロエンがあるのにどうしてプジョーを買わねばならないのか!そこまで思ったほど、昔のプジョーは乗っても刺さらないクルマでした。

それが今ではどうでしょう?デザインは正直パッとしません。そしてそんなに猫アシでもありません。でもこんなにしっくりくるクルマも少ないと思うほど、自然で、軽やかで、固まり感がある乗り味は実に好感触。実に自然です。そしてことさらに演出は感じません。でも、その辺でドライバーズカーを標榜するクルマよりもよほど小気味いいし、いつまでも乗っていたいと思わせるクルマに仕上がっていました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...