執拗に未来を乞うのではなく、あるべき姿を振り返るセダン「VWパサートGTE」に試乗する

公開日:Posted in 試乗レポート by

フォルクスワーゲンは、このところいろんなことに翻弄されていたと思います。確かに、事実ではないことや、何かを欺く行為はしっかりと追及されてしかるべき。しかし、だからといって、非常にシンプルに秀逸なクルマとしての乗り味への評価まで「否定されることはないのではないか」。フォルクスワーゲンに対してそんな思いを持っていました。

img_20160815_150053

日本ではその話題で持ちきりの状況下ともいえる時期に導入されたのが現行のパサート。この時期しばしばディーラーでイベントのお手伝いなどをしていたこともあり、発表会、事前内覧会、先行試乗会など様々なイベントでフォルクスワーゲンファンがこのパサートに寄せる期待の大きさは、自分の目で見て、肌で感じていました。だからこそ、興味があったのです。このクルマには。

正直、特に日本においてフォルクスワーゲンはかなりメジャーなブランドです。しかしそれはすなわち、ゴルフやポロなどを指すものであり、日本におけるフラッグシップ・フォルクスワーゲンの影が色濃いというのは、ややはばかられるもの。そう言わざるを得ないでしょう。そんなパサート、少し前にしばらく一緒に過ごして試乗することができましたので、少し振り返っておきたいと思います。

プレミアムとはなんだろう?高級車って何だろう?

img_20160804_200241
▲最近のトレンドの一つと言えるかもしれません。室内を取り囲むように彩られた照明アンビエントライトがめぐらされます。これがすなわち高級なのかというと、そこは評価の分かれるところかもしれませんが、パサートGTEのそれは照度、色共にシックで五月蠅さがない。

前述のフォルクスワーゲンのキャラクター。それはゴルフやポロなどが広めた、実用車の本領というステージの上での評価ではなかったでしょうか?それからするとこのパサートは「確かに高級」なのだけれども、「それでもやはりフォルクスワーゲンだ」というこの二点を併せ持つ一台だということができるでしょう。

img_20160804_200359
▲メーター類、ナビゲーション、ブレーキ回生の状況、バッテリー残量など様々な情報を提供してくれるアクティブ・インフォ・ディスプレイ。うまく整理されてレイアウトされているし、視認性も良好だと感じた。

クルマとして嫌みのないところ。そしてこう言ってはアレだが、決して色気のある恰好ではない。けれども二度見の走りを、いざとなればしっかりこなす実力を持つ。それを想定しうる最大限の実用性と共に仕上げたクルマ。それはこのパサートGTEでもやはり強く感じるところでした。ハンドリングはまったく違和感なく、あらゆる速度域で自然。乗り心地も芯がありながらしっかりといなすものであり快適そのもの。業務用冷蔵庫のように大きなトランクは奥の荷物を引き出すのにやや難儀するほど。ゴルフで満足のあの感じ、それを全方向にストレッチ、熟成させたようなキャラクターはしかし、出しゃばらない。それがとても心地いい。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...