最近は軽くなりすぎた?新しいメルセデス・ベンツ E200に試乗して分かったこと

公開日:Posted in 試乗レポート by

先日、現行モデル最新のE200と時間を共にすることがありました。六本木のメルセデス・ベンツコネクションで試乗車に入ったその日に一回りはさせていただいたことはありましたが、やはりメルセデス・ベンツだと思わせられるのは、インパルスで感じる感動ばかりではないのです。ジワリとしばらく経ってから心に来るものがあるものです。今日はそんなことについて書いておきたいと思います。

ふと思った夫婦の会話と関係

唐突ですが、これは私にとって憶測の域を出ない、そこはとても弱いところだということは自分でもわかっています。ともかく、この「夫婦の会話」というもの。もちろんあることの隠語的ないい方としてそう表現することもあるのでしょうが、そうでなくともご夫婦間のコミュニケーション。上手く行っているご夫婦はここが滞りなく円滑だとされます。しかし果たしてそうでしょうか?テレビか何かでそんなことを話題にしていることがあったのでしょうか?そんなやり取りを聞いて、聞かれた人が「ええうまくいっています。」と答えたものの、テレビに出る人は表向き上手く行っていても途中でダメになってしまうことも少なくないよなあ、などと野次馬根性でそんなことが思い起こされたことがありました。

ただ、この「夫婦の会話」ご夫婦仲がよく、素敵だなあと思うご夫婦、上手くいっている(とお見受けする)ご夫婦の多くが「お互い物静か」であるように感じられることが多いと思ったのです。だから大切である、それこそが大切だ、とされるその「夫婦の会話」というもの、実態はなく、そんなことではない、いうなれば「阿吽の呼吸」がかみ合っているご夫婦が上手く行っているのだろうなあ。そんなことに思いが至ったりしたものです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...