徳の高い一台。マセラティ ギブリ ディーゼルを込氏が試乗レポート

最終更新日: 公開日:2016-05-12 | Posted in 試乗レポート by

マセラティギブリは去年の夏、山口県美祢市まで拝借してドライブしました。自分でも430という「非クアトロポルテ」の4ドアマセラティを愛用している身として、ある種の「ツボ」をかんじたクルマでした。と言っても5メートルになろうとするサイズは歴代のクアトロポルテと比べても相当に大型のセダン。しかし、そこはフラッグシップではないクルマとして「譲歩している」控えめなところも垣間見えました。「紛れもなく430の後継車、それが現行ギブリである。」個人的にはその印象をあのドライブで確たるものにしたのでした。

今、個人的には結構気に入っているプレミアムサルーンの一台と言えるでしょう

マセラティほどのプレミアムブランドでは、通常のメーカー以上に車格、立ち位置についてより深いキャラクタライズを感じることができます。ですからクアトロポルテではフラッグシップとしての役割も与えられており、どこか逃れがたいフォーマルな要素を感じるものです。しかし、ギブリは「そうではない4ドアマセラティ」なのです。いうなれば「マセラティスタの休日」そんなキャラクターにより明確に振られている気がするのです。そしてビトゥルボ系がそもそもそういうところがあって、その妙な立ち位置が今になってみると「絶妙」に感じられ、あれはあれで独特の深みを映し出しているように感じるのです。

そんなギブリに、ディーゼルが設定されるという噂は昨年より耳にしていました。ディーゼル乗用車文化が後発の日本では軽油が安いからという点を差し引いても、ガソリン車よりも1リットルの燃料で走ることができる距離はおしなべて良好。それに加えて、トップパワーではなく、低回転から潤沢なトルクをクルマに注ぎ込み、ステアリングを握る者に確かな加速感をもたらしてくれます。カリッカリにピーキーなエンジンで高回転だけを塗ってハイパフォーマンスを引き出すセッティングよりよほど個人的に好感を持っています。

IMG_20160426_120935

個人的に最近ディーゼルづいている

僕の430もドッカンターボだと言われますが、きちっと調整された良好なコンディションのエンジンは、むしろトルクで走るクルマです。だからこそ乗る者を鷹揚にし、ジェントルにするのです。しかし、いざ踏み込めばそれはもうそこらのクルマには負けません。ちょっとしたバイクのような加速(乗ったことはありませんが自動車で味わったことのない、軽やかな加速)をするものですが。その辺も今時の常識からすれば、確かにトップスピード抑えめのこのディーゼルギブリ、結構通じるものがあればいいなあ。そんな風に楽しみにしてきました。

メルセデスベンツの秀逸なディーゼルに触れ、父のBMWはディーゼルに。登記した会社所有のアシはデミオのディーゼル。個人的にかなりディーゼルづいてますが、とうとうマセラティでディーゼルが乗れるとなるとは、これを思うだけで気持ちが高ぶりました。そこにきて最近ジャガーなどでもディーゼルの導入が進んでいます。

ゴールデンウィーク前の3日間ほどでしたが、乗せていただくことができたのでまとめたいと思います。

「ディーゼル」以前に年次改良で改善されたギブリ

マセラティ・ジャパンにクルマを拝借に伺うと、私の前に現れたギブリは「ロッソ・エネルギア」と呼ばれる明るいワインレッドに、サッビアと呼ばれる明るいカフェオレのようなカラーの内装。個人的に好ましいコーディネーションの試乗車が現れました。

IMG_20160426_111409

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...