「この上ないしっくり」シトロエン・ディアーヌの試乗レポート

公開日:Posted in 試乗レポート by

IMG_1747

シトロエン・ディアーヌ、その存在は昔から知っていました。2CVを少し立派にしたようなそのクルマ、実際に見たことはありませんでした。いや、厳密に言うと、もしかしたら目撃している可能性もあります。しかし、その記憶がないというべきかもしれません。決して地味なクルマ、個性的ではないというつもりは毛頭ありません。しかしシトロエンといえば、名物ハイドロ・ニューマチック・サスペンション。ただ、このクルマはバネサスです。

そして前述の通り、2CV的なクルマではありますが、あそこまで徹底して虚飾を排したわけでもないのです。ボディのアピアランスなどもいくらか立派に、プレスなどもされています。もうすっかり、「まともな自動車の形」をしています。雑誌で見ても、イベントで見かけても「ふーん」と流してしまいがちなクルマ。そんな印象が個人的には強かった一台でした。

しかし、先日、ちょっとシトロエン・ディアーヌに試乗する機会がありました。そして、そのさらっとした印象だったのとは裏腹に、このクルマこそ、最もしっくりくるシトロエン。いや、あらゆる自動車の中で比較しても相当に「ちょうどいい」クルマだと思えるほど、痒いところに手の届く、何もないのに「行き届いているな」と感じさせる、そんなクルマだったので、試乗の感想をまとめておきたいと思うのです。

あらかじめ申し上げると、シトロエン・ディアーヌも結局は何も付いていない

重要なことは、絶妙にちょうどいいとか言っては見ても、装備的には、現代では当たり前の文化的装備の数々、ほぼついていないと思ってよいでしょう。ギヤは4速マニュアルです。エアコン、パワステ、あるはずがありません。カーナビ、いらないでしょう?そんな成り立ちなのです。基本的な装備レベルは、2CVに近いのです。しかし、その絶妙さは何がそう感じさせるのでしょうか?車重約600kg、排気量600cc。大いに権利を主張し、いろいろおねだりしたくなりそうなこのシトロエン・ディアーヌ、しかし、これ以上何もいらないと思わせるのはなんなのでしょうか?

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...