悩ましいプレミアム。DS4 クロスバック ディーゼルの試乗レポート

最終更新日: 公開日:2016-12-14 | Posted in 試乗レポート by

今年は後半になってプジョー・シトロエンがディーゼルモデルを充実させてきたこと、個人的な自動車のニュースの大きなトピックだと思っています。

img_20161029_142407

プジョーといえばかつて504などディーゼルのイメージの強い車種もあり、相当早いタイミングで高性能にも力点を置いたモデルがシトロエンCXなどにありました。メルセデスなどと並んで、ディーゼルエンジンのいいクルマを多数輩出してきたメーカー、それがプジョーでありシトロエンなのです。

img_20161029_144237

(私見だが、シトロエンは秋の季語だと思っている。ひんやりとした空気につい窓を開けたくなるから不思議である。)

そして今回は排気量でも二種類を用意、C4ピカソだけ少しチューニングを変えていて3種類のエンジンが国内に上陸するとのこと。ディーゼルエンジンの魅力はと聞かれたら、もちろん熱効率の高さなど科学的にも幾多ものメリットがあるのがディーゼルエンジンです。しかし、そういう小難しいことは抜きにしても、「とにかく遠くまで出かけてみたい」。ロングドライブに適した低回転からの自在なトルク重視型の出力傾向と、低燃費で躊躇なく出かけられるということではないでしょうか。

img_20161029_142427

今年のフレンチブルーミーティングを取材した際、何かフランス車を試乗できないだろうかと思っていたところに、お誘いをいただいたので、DS4クロスバックに2リットルのディーゼルエンジンを搭載したモデルで出かけることにしました。その時の印象を少しまとめておきたいと思います。

うーん…いただけない外観

img_8885

私見ですが、どんなに温情採点、ひいき目に見てもこの外観はちょっとない。ないというかさみしい。これが私の第一印象でした。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...