実は乗り手にフレンドリー!アリエル・アトム3の試乗レポート

最終更新日: 公開日:2015-12-16 | Posted in 試乗レポート by

先日、アリエル・アトムという、イギリス車に試乗する機会がありました。

アリエル・アトムは、「アリエル・モーター・カンパニー」という企業が製造・販売しているクルマです。1999年に初代モデルが誕生し、改良を加えつつ現在に至ります。今回、試乗したモデルは「アリエル・アトム3」となります。6速MTに、最高出力245馬力をたたき出すホンダ製2リッターiVTECエンジンを搭載しています。内装やオーディオもちろんのこと、ドアすらもない、まさに公道を走るレーシングカートのような存在かもしれません。

実は乗り手にフレンドリー!アリエル・アトム3はすごくイイ奴だった<PR>ご覧のとおり、屋根はもちろん、ドアも、布張りの内装もない潔さ!

クルマは乗ってみなければ分からないとよくいわれます。このアリエル・アトムも例外ではありません。むしろ、乗ってみて感動・・・どころではなく、離れがたい衝動に駆られる1台でした。

実は乗り手にフレンドリー!アリエル・アトム3はすごくイイ奴だった<PR>マフラーの位置もご覧のとおり。「後方排気」という表現がしっくりきます

パイプフレームをまたぎ、内装とバケットシート2脚分が一体成形されたパネルの運転席側に「潜り込む」と、眼前には小さなウインドウスクリーンがあるだけ。風がダイレクトに顔面にあたりそうです。そして、視線が地面から限りなく近い。そう、これはもうレーシングカートの世界です。

実は乗り手にフレンドリー!アリエル・アトム3はすごくイイ奴だった<PR>これが運転席に座った景色。まるで公道でレーシングカートをドライブするような気分です

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...