オトコの夢とロマンを現実に!「ポルシェ911カレラ」オーナー、勝田 雅彦さんにインタビュー

公開日:Posted in オーナーインタビュー by

誰もが憧れる「オトコのロマン」を現実のものにする…。それは決してたやすいことではありません。人より何倍も努力して、これに運がプラスされることで初めて夢が現実となるのです。

「タイヤ交換だけで素のゴルフがメルセデス・ベンツに!? タイヤ本来の性能を発揮させる方法とは」という記事の取材を通じて知り合った株式会社AOLS(エオルス)顧問・勝田 雅彦さん。もはや人生を賭けているといっても過言ではないほど、タイヤの水溶性潤滑剤「ビートリキッド」の開発とプロモーションに情熱を傾けていらっしゃいます。

これほどまでに凄まじい情熱を注ぎ込める方が、どのようなカーライフを送っていらっしゃるのか?勝田さんのご自宅兼ガレージにお邪魔させてもらいました。そこで見たものとは…?

── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

▲ポルシェ911のオーナーである勝田 雅彦さん

大学を卒業後、プレスメーカーに就職しました。ここで生産技術(機械加工、ジグ設計、消防公害関係の管理)を11年担当したあと、33才のときに自動車整備関連の企業に再就職しました。21年の在籍期間中に、洗車機および車検機器、塗装ブース、洗浄機等の責任者を担当し、そのうち10年間は役員として仕事をさせてもらいました。現在は、株式会社AOLS(エオルス)顧問として、強アルカリ電解水の拡販および用途開発に従事する日々です。タイヤの水溶性潤滑剤「Bead Liquid(以下、ビードリキッド)」の開発も私が担当しました。

── なぜ、タイヤの水溶性潤滑剤「ビートリキッド」を創ろうと思い立ったのですか?

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

▲勝田さんが4年の歳月を費やして商品化にこぎつけたタイヤの水溶性潤滑剤「ビートリキッド」

強アルカリ電解水の特長は「錆びない、腐らない、抜群の浸透性」にあります。その特長を活かし、ビートリキッドを開発しました。タイヤのビード部とホイールを痛めることなく、スムーズかつ容易に交換できる商品がこの世に存在しないこと、そして、強アルカリ電解水のタイヤの潤滑性と浸透性に着目。4年間の開発期間を経て、ようやくビートリキッドの発売にこぎつけたのがまだ半年前なんです。これから1歩ずつ、1人でも多くのユーザーさんにこの商品の魅力を伝えていきたいです。

── 現在、勝田さんが所有している愛車を教えていただけますか?

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

▲1966年式 VW typeI(YANASE物、内外装オリジナル)

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

▲1991年式 ポルシェ911カレラ4(964) ターボルック

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

▲1988年式 ポルシェ911カレラ(930) 勝田SPL

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

●2015年式 FIAT 500 & 2011年式 日産エルグランド3.5L 4WD

…です。一番長く所有しているのがVW Type1で、手に入れてから11年経ちます。ターボルックの964は、縁あって手に入れました。イエローの930はレース用、FIAT 500は妻のクルマ、エルグランドは家族用です。

── 一番長く所有していらっしゃるType1を買おうと思ったきっかけを教えてください

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

▲ガレージの奥でひっそりと復活のときを待つ、VWビートル Type1

就職が決まったときにType1を買おうと決めました。その時代はヤナセ物しかなく、当時の中古車でも100万円くらいで売られていたように思います。それから時が経ち、子どもたちが大きくなって手が掛からなくなり、そろそろ趣味のクルマの買おうかと考えたときに妻の薦めもあり、この個体を購入しました。実は、妻は小さい頃からTypeIが好きみたいで…(笑)。

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

アイドラーズ ビードリキッド ポルシェ911

▲貴重なヤナセ物(D車)。オリジナルパーツを大切に保管しつつ、勝田さん好みのチューニングが施された個体。「まるでゴーカートみたい(勝田さん談)」とのこと

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...