大学生の頃からの憧れ「ポルシェ911ターボ」オーナー、岩岡秀明さんへインタビュー

最終更新日: 公開日:2017-03-31 | Posted in オーナーインタビュー by

最新のポルシェ911ターボに乗っている現役ドクターのインタビュー・・・。

お会いするまでは正直いって「怖い方だったらどうしよう・・・」と心配でした。何を隠そう、筆者が幼少期に入院した病院の先生がとても怖い方で、いまだにトラウマとしてそのときの記憶が残っているのです。いまにして思えば、人生初の入院で、はしゃぎすぎた筆者に原因があったような気が・・・。それはさておき、オーナーさんとお会いした数秒後には、その心配は杞憂であったと安堵することになります。

「おはようございます。いやあ、今日はいい天気になって良かったですね!」

岩岡秀明 ポルシェ911
▲内科医の岩岡秀明さんと、2015年式ポルシェ911ターボ(991型)

待ち合わせ場所に、颯爽と純白のポルシェ911ターボで現れた岩岡秀明(いわおか・ひであき)さん。鮮やかなブルーのセーターがお似合いの岩岡さんは、笑顔が素敵な紳士だったのです。考えてみれば、岩岡さんは現役バリバリのドクター。患者さんに緊張感を与えるような方では務まりません。しかし、いざ仕事の話しになると、温和な岩岡さんが「岩岡ドクター」へと変貌を遂げます。

── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

岩岡秀明 ポルシェ911
▲高速道路で背後からこのクルマが迫ってきたら、思わず道を譲ってしまいそうです

岩岡秀明と申します。現在60才。生まれは浅草、つまり江戸っ子です。大学が千葉県にあったので、それ以来この地に暮らしています。仕事は内科医であり、詳しくは糖尿病内分泌内科といいます。2002年より、船橋市立医療センターという病院に勤務しています。医師として勤務している他、市民の皆さんや、他の分野の医師に向けた糖尿病に関する講演を行ったり、書籍の出版やWebサイトに記事を寄稿したりしています。

── 小さいころから医師を目指していたのですか?

岩岡秀明 ポルシェ911
▲ポルシェ911ターボ(991型)のボディサイズは、全長×全幅×全高:4506×1880×1296mm

いえいえ。勉強して弁護士になろうと思っていた時期もありました。実家が開業医を営んでいたので、医院を継がないまでも、医師になるのは使命に近いものがあったかもしれません。しかし、私は手先が不器用なので、外科医ではなく内科医の道を志しました。さまざまな選択肢があるなかで、当時から糖尿病に関する知識を深めていきたいという思いがあり、この仕事に就いています。それに、弁護士は人間と争いますが、医師は病気と戦いです。患者さんと本気で向き合い、2人3脚で病気を克服するこの仕事に、誇りとやり甲斐を感じています。

── 医師というと、心身ともにかなりハードなお仕事というイメージがありますが・・・

岩岡秀明 ポルシェ911
▲背後から見たとき、よりターボボディ特有のグラマラスなフォルムが強調されます

私は24才で医師になりました。月に何度か当直があり、朝になればそのまま外来患者の診療という生活を30年ほど続けてきました。外科医ほど頻繁ではありませんが、休暇中に呼び出されることもしばしば。週末に休むようになったのはつい最近のことです。

これは2012年時点でのデータですが、いまや糖尿病は、予備軍も合わせると日本人の6人に1人の割合です。さらに、40才以上だと3人に1人。この調査は5年ごとに行われるので、次は今年です。この割合がさらに増えている可能性もありますね。それだけに、専門医として少しでも啓発活動を行っていきたいと日々活動しています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...