ヘビー・デューティーな血筋を受け継ぐ「ランドローバー・ディフェンダー」オーナーの堀俊也さんにインタビュー

公開日:Posted in オーナーインタビュー by

ランドローバーというと1948年、大戦中のジープ型のクルマをお手本に作られた軍用車。英国の特殊部隊SASが使用した「ピンクパンサー」が有名ですね。そんなヘビー・デューティーな血筋を受け継いだ筋金入りのオフローダー、ランドローバー・ディフェンダーのオーナー堀俊也さんにお話を聞いてきました。

兵庫県尼崎市武庫之荘にスタジオを構えるカメラマンの堀さん。仕事を始めて最初に買われたのはダブルキャブのハイラックスでした。その後はランドクルーザーに乗り換えて、お子さんの誕生を機にヴォクシーに。でもあまり好みに合わなかったそうで…

「買って二ヶ月目にはもう売ることを考えてました。結局二年乗りましたけど。それで次がいまのディフェンダーです。2006年からです」

──ディフェンダーって趣味性の高い車種ですが、選ばれた理由は何ですか?

「小さい頃から知っていて、憧れてたんです。それで「今だったら買える、よし」って、これに決めました。新車の並行輸入物でした」

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:小嶋あきら

兵庫県西宮市の海辺に在住。とある地方自治体に二十五年勤めた後、これからは文章と写真で食っていくん...