ゼッタイNAでオープン!「ジャガーXJSコンバーティブル」オーナー内田栄治さんへインタビュー

公開日:Posted in オーナーインタビュー by

雨が降るしか能がないのか?2017年の夏は、いい加減そんな愚痴の一つも言いたくなるような空模様が続きました。取材のお約束をさせていただいた日も、朝から都内は雨がそぼ降る空模様。約束の白金台プラチナ通りに到着すると「アレ?ここはもしかしてアビーロード?」まったくそんな風におめでたくすっとぼけてもみたくなるほど様になって、内田さんのジャガーXJSは停まっていました。

まず印象として、黒いボディは漆黒と言うのとは違う、輝かしく華やかさを放ちます。左ハンドルのドイツ仕様だという、内田さんのもとにこのジャガーが納車されたのは今年だということでした。

「このクルマが納車されたのは7月1日の事でした。なんといってもスタイリングは観る者を圧倒しますね。そして12気筒のしずしずとしたトルクフルなライド感はやはり何物にも代えがたい価値があると思います。また英国調の内装、飛ばしたときもスポーティなのが魅力的ですね。」

内田さんにお話を伺うと、矢継ぎ早に魅力が語られ始めます。いかにこのクルマを気に入っているかよくわかります。

華のある屋根を閉じたままのコンバーティブルジャガー

インタビューの途中、気が付くと雨は上がっていました。コンバーティブルはもちろん屋根を開けてこそという意見もあるでしょう。しかし、このコンバーティブルはドロップヘッドクーペと言いたくなるほど均整の取れたクローズドでのアピアランスを誇ります。

その華のある屋根を閉じたままのコンバーティブルジャガー。雨だれの残るさまもなんとも絵になり、いつまでも佇んで眺めていたくなるようでした。

──ファッションにとても気を遣ってらっしゃいますね。

普段はIT関連のお仕事をされている内田さん。そのファッションにもとても気を遣う方です。

「もともとはファッションの仕事をしていました。ファッション、装うことは相手に対するギフトだと考えています。本当は何にも優先して気遣った方がいいと思うのです。」

そんなコメントをいただいて、いつもそのあたりにあるものを適当にはおって最近では無精ひげもそのまま、ということも少なくない小生。少し反省させられたほどでした。

──クルマに求める条件とは?

ジャガーの前は、BMW335Ciカブリオレに乗っていたという内田さんにクルマに求める条件を伺いました。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...