愛車が誕生したのは94年前!「1923年式フォード モデルT」オーナー、三橋 了太さんにインタビュー

公開日:Posted in オーナーインタビュー by

これまでさまざまなオーナーインタビューを行ってきましたが、今回のクルマがもっとも古い個体となります。そのクルマとは、1923年式のフォード モデルT。取材時(2017年)ですでに94年前に製造されたクルマが、いまだに現役として21世紀の日本の路上を走っていることに驚かされます。果たして、いま新車で売られているクルマが100年後の未来に残っているかどうか…。それを考えると奇跡の1台といえるかもしれません。

そんな、自動車史においても貴重な個体を所有する三橋 了太(みつはし・りょうた)さんに、オーナーだからこそ語れるエピソードを伺ってみました。

── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲1923年式フォード モデルTのオーナーである三橋 了太さんと息子さんの柊太くん

外資系企業に勤務する傍ら、休日は「高田馬場アトムズ・アイスホッケークラブ(1975年9月設立)」という、ジュニアアイスホッケークラブの監督をしています。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲次男の柊太くん(6才)と、長男でチームキャプテンの琥太朗くん(8才)

私は札幌市の生まれなのですが、3才でアイスホッケーをはじめて、アンダー18で日本代表に選ばれるほどのめり込みました。現在は、私のあとを継いで2人の息子がアイスホッケーに夢中になっています。私はチームの監督という形でサポートをしています。

── 現在の愛車を手に入れるきっかけを教えてください

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

私の父は、18才から定年退職するまで42年間、ヤナセ一筋という人でした。セールスやメカニック、中古車販売も担当していて、それこそ、メルセデス・ベンツやアウディ、シボレーやポンティアックなど、さまざまなクルマに乗って家に帰ってきたんです。今日は何のクルマで乗って帰ってくるか、ワクワクしたことを憶えています。また、父の愛車だったフォルクスワーゲン ビートルは、私が1才の時に新車で購入し、23才になるまで所有していたんです。まさか自分が免許とってVWを運転できるとは夢にも思わなかったです。当時は嬉しくて友達を誘い出し、よくドライブに行っていました。

父は、休日になるとビートルのエンジン調整をしていましたから、程度抜群でしたね。

── 現在の愛車に乗ろうと思ったきっかけを教えてください

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

元々アメ車、そしてホットロッドが大好きで、シボレー カプリス ワゴンを15年間所有していました。元ヤナセマンだった父には「正規輸入車にしておけ」と大反対されましたが…。気に入っているクルマではあったのですが、しばらく所有しているうちに、もっと楽しめるクルマはないかなあと思うようになってきたんです。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲三橋さんが15年所有していた、シボレー カプリス ワゴン

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...