馴染んでいく感覚が心地良い!「フィアット600 プリマ セリエ」オーナー、豊泉 浩さんへインタビュー

公開日:Posted in オーナーインタビュー by

洋服や靴など、少しずつ時間を掛けて自分の身体に馴染んでいくものほど愛着が湧くものです。クルマという工業製品を自分だけの1台に仕立てていく・・・。新車であればボディカラーや内装の革の色、さまざまなオプションを含めたカスタマイズを施すことで、自分だけの1台となっていくでしょう。

フィアット600 プリマ セリエ(1956年式)のオーナーである豊泉 浩(とよいずみ・ひろし)さんは、自らクルマをメンテナンスし、これまでのご経験を活かして必要に応じてパーツを加工したりするなど、少しずつ、そして確実に、愛車を自分だけの1台に仕立てているようです。今回は、そんな豊泉さんと愛車であるフィアット600 プリマ セリエ(以下、フィアット600)について取材させていただきました。

── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

フィアット600プリマセリエ Fiat600PrimaSerie
▲そこに佇んでいるだけで周囲の人から笑顔がこぼれるキュートさが魅力です

現在は「マシニングオペレーター(要約すると、金属加工などの工作機械を操作する仕事)」です。整備士だったこともありましたし、実家が旅行業とバスの運送業を営んでいたので、若いときには長距離バスの運転手もやりましたね。私はバイクも好きでして、30代半ばのころ、自分のお店を持ちたいと思ったこともあったんですね。そのために、まずは金属加工の技術を身につけようと就職したんです。結婚して家族もいましたし、結果としてクルマやバイクは趣味と考え、マシニングオペレーターとしての20年近いキャリアを重ねて現在に至ります。

── 豊泉さんはバイクもお好きなのですか?

フィアット600プリマセリエ Fiat600PrimaSerie
▲シンプルな内装。シートやドアの内張りの素材はオリジナルのようですが、ドアポケットはノンオリジナル(豊泉さん談)

ええ、バイクも好きですよ!自宅から少し離れた場所にガレージがありまして、そこに自分好みにフルカスタムしたトライアンフ TR6R(1971年式)と6Tサンダーバード(1953年式)、メグロS3 ジュニア(1957年式)があります。フィアット600もそこに置いてあります。

── 現在の愛車を手に入れるきっかけを教えてください

フィアット600プリマセリエ Fiat600PrimaSerie
▲フィアット500と比べて、リアセクションが拡大されているフィアット600。放熱性を考慮して、エンジンフードを少し開けて走るのが豊泉さん流

若いときに所有していたこともあったので、当初はフィアット500を探していたんです。1年くらい掛けて、何台か気になる個体をチェックしていたんですね。なかでもアバルト595仕様の個体は、悩みに悩んで購入の意思をショップに伝えたときは既に売約済みで・・・。もう1台のアバルト695仕様(排気量800cc、ストレートカットギアが入っており、ほとんどレース仕様と言ってよい個体)も、年末に見つけてメールで連絡していたんですが、年明けになってこれも売れてしまったと返信があり・・・。このフィアット600は、偶然あるイタリア車を多く扱うショップで売られているのを見つけたんですね。他のフィアット600を観に行った帰りに寄れる場所にあったため、連絡して行ってみたんです。それが運の尽きでしたね(笑)。

── フィアット600、気に入ってしまったんですね(笑)

フィアット600プリマセリエ Fiat600PrimaSerie
▲現代のクルマなら、カーナビのモニターが鎮座する場所がイグニッションスイッチ。「FIAT600」のエンブレムがさりげないアクセントに

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...