23才の現役メカニック「メルセデス・ベンツ C63 AMG ステーションワゴン PP(S204)」オーナー、山口 勇樹さんにインタビュー

公開日:Posted in オーナーインタビュー by

日本におけるAMGの呼び方が「アーマーゲー」ではなく、正解が「エー エム ジー」・・・という認識もすっかり浸透したようです。かつてはブルーブラックが定番だったAMG、その後、シルバーやホワイト系も人気でしたが、最近は原点回帰しているのか、ブラック系のモデルが人気のようです。

そんなAMGを、23才の若さで射止めた現役輸入車ディーラーのメカニックが今回の主役です。このオーナーインタビューを続けていて、つくづく不思議だなことがあります。それは、「クルマがオーナーを選ぶこと」って本当にあるんだと思えてくるんです。引き寄せの法則は存在します。間違いなく・・・。夢を諦めかけている方、チャンスと出会いは突然訪れます。どうか、諦めないでください。

── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

メルセデス・ベンツ C63 AMG ステーションワゴン
▲山口 勇樹さんと、愛車のメルセデス・ベンツ C63 AMG ステーションワゴン パフォーマンスパッケージ(S204)

高校卒業後、自動車整備の学校に4年間通い、1級整備士資格を取得したあと、輸入車ディーラーのメカニックとして入社しました。現在、2年目になります。

── なぜ輸入車のメカニックを志したのですか?

メルセデス・ベンツ C63 AMG ステーションワゴン
▲最高出力457psをたたき出す、V8 6.2Lエンジン。この珠玉のエンジンを搭載したAMGを指名買いするユーザーも少なくありません

もともと、クルマを含めた乗り物全般が好きだったんです。父もクルマとバイクが好きで、私が漠然と大学への進学を考えていたときに「おまえは乗り物が好きなんだし、自動車の整備士なんていいんじゃないか?」といわれたことがきっかけです。日本車だと故障も少ないし、修理するというよりは部品を交換するイメージがありました。そこで、自動車整備に関する技術と経験をしっかりと身につけたかったこともあり、輸入車ディーラーのメカニックの道を選びました。

私はまだまだ新人なので、メンテナンスパッケージの点検整備で入庫したクルマに触れることが多いです。しかし、先輩がいろいろと仕事を任せてくれる方で、少しずつ担当している業務の幅が広がってきているところです。

── 学生時代の友人はどのような進路を選んだのですか?

メルセデス・ベンツ C63 AMG ステーションワゴン
▲エンジンを組んだスペシャリストの名前が刻まれたプレート。こういった演出がAMGオーナーである喜びを実感できます

私のように、輸入車のディーラーに就職した仲間もいます。また、日本車やトラック業界のディーラーに進んだ人もいますね。学生時代のクラスメイトは20名ほどなんですが、4年間、誰も退学することなく全員無事に卒業しました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...