フォルクスワーゲン 200キロオーバーも体験可能なバーチャルリアリティを活用したプロモーションを開始

公開日:Posted in フォルクスワーゲンのニュース, 輸入車ニュース by

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(代表取締役:ティルシェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、6月17日(金)より仮想空間(バーチャルリアリティ、以下:VR)を活用したプロモーションをフォルクスワーゲン正規販売店にて順次実施されます。

00010134

このプロモーションは、時速200キロ超の高速走行性能や衝突被害軽減ブレーキ、前走車追従走行支援システムといった先進安全技術など、一般の試乗では体験しにくいフォルクスワーゲンの性能を、モニターとヘッドホンが装着されたオリジナルヘッドセットを着用する事で、店頭にて気軽に体感することができます。VRは、近年ではエンターテイメントから医療分野まで幅広く活用が進んでいる技術です。

00010140

VGJはこのVRで、フォルクスワーゲンが提唱する総合安全コンセプト“Volkswagenオールイン・セーフティ”を象徴する機能であるアダプティブクルーズコントロール”ACC”(全車速追従機能付)や、衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュブレーキシステム」、あるいは「ゴルフ」シリーズの中で最もスポーティーなグレード「Golf R」による時速200キロを超える高速走行やスピーディーなコーナリングを体験できる。いずれも、実際の走行シーンをベースにしていて、オリジナルヘッドセットにより眼前に広がる映像と音の効果により、臨場感をもって体感できます。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...