アウディ、CESでクルマをバーチャルリアリティ体験のプラットフォームに変えるテクノロジーを発表

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

このプラットフォームを使用すれば、アーケードゲーム、水中での冒険、宇宙探検から、歴史的な街や人体を探索する学習ゲームまで、その可能性は無限に広がる。holorideは、車両データへのインタフェースとして機能し、それらをバーチャルリアリティに転送するソフトウェア開発キットを提供し、五感のすべてを使用して車内で体験可能な世界をデベロッパーが制作できるようにするという。視覚的な体験とユーザーの実際の感覚は同期しているため、クルマの中で映画やテレビドラマ、プレゼンテーションの資料を見た時に起こる乗り物酔いの可能性を大幅に減らすことができるようになる。

アウディ、CESでクルマをバーチャルリアリティ体験のプラットフォームに変えるテクノロジーを発表

holorideは、標準的なVRゴーグルを使用して、リヤシート乗員用の新しい形態のエンターテインメントを、今後3年以内に市場に投入する予定だ。長期的には、car-to-Xインフラの継続的な拡大によって、交通での出来事がバーチャル体験の一部として反映されることも考えられる。たとえば、信号で停止すると、ゲーム中に予期しない障害が発生したり、学習プログラムが途中で中断して簡単なクイズが出題されたりするかもしれないという。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...