アウディ、CESでクルマをバーチャルリアリティ体験のプラットフォームに変えるテクノロジーを発表

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

2019年1月7日、ラスベガス/インゴルシュタット:アウディは、ラスベガスで開催されるコンシューマーエレクトロニクスショー(CES)で、新しい車載エンターテイメントを発表した。リヤシートの乗客は、将来的にVRゴーグルを使用することで、映画、ビデオゲーム、インタラクティブなコンテンツを、より臨場感溢れる映像として体験できるようになる。アウディは、CESでクルマの動きとバーチャルコンテンツをリアルタイムで同期させるテクノロジーを提示するという。たとえば、クルマが右折すると、VR体験によるスペースシップも同じように動く。アウディは、子会社のAudi Electronics Venture GmbHを介して、ベンチャー企業のholoride(ホロライド) GmbHを共同設立。この会社は、将来的に、すべての自動車メーカーやコンテンツデベロッパーが利用可能なオープンプラットフォームを介して、この新しい形態のエンターテイメントを商品化することを目指しているという。

アウディ、CESでクルマをバーチャルリアリティ体験のプラットフォームに変えるテクノロジーを発表

アウディは、「マーベルズ アベンジャーズ:ロケッツレスキューラン」でイマーシブ フューチャリスティック テクノロジー(没入型デジタルテクノロジー)を実演した。「ロケッツレスキューラン」は、ディズニーインタラクティブと共同制作したリヤシート乗員用のVR体験コンテンツだ。Audi e-tronのリヤシートに座った乗員は、VRゴーグルをかけることによって、幻想的な宇宙空間を旅することができまる。Audi e-tronは、“ガーディアンズ オブ ギャラクシー”(銀河の守護者)が搭乗するスペースシップとなり、2019年の春に公開されるマーベル映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場するロケットと一緒に小惑星帯の中を進む。クルマのあらゆる動きは、リアルタイムでバーチャル映像に反映されるという。クルマが急カーブを曲がると、プレーヤーは、バーチャルリアリティの中でスペースシップの反対側へと回り込む。Audi e-tronが加速すると、スペースシップも加速する。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...