ポルシェ、プロのレーシングドライバーを目指す才能ある若手育成プログラムの募集を開始

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr. オリバー・ブルーメ)では、モータースポーツにおける若手の人材育成に注力しています。ポルシェでは、1997年以来、才能のある若手をプロのレーシングドライバーとして育成しており、ポルシェのワンメイクレースシリーズでポルシェジュニアとしてサポートを受けた19名全員がプロの仲間入りを果たしています。プロのレーシングドライバーを志す若いドライバーは、2015年からオンラインで、この若手育成プログラムに応募することができます。今年の応募受付の開始は5月1日です。

M15_4562_fine

今回の応募者は、1995年1月1日~1999年2月28日に生まれた者で、ツーリングカーシリーズとシングルシーターシリーズの両方またはいずれか一方への参加を証明できなければなりません。さらにポルシェカレラカップ、ポルシェGT3カップチャレンジ、またはそれ以上のレベルのGTシリーズにおいて、フルシーズンの参加経験がなく、今年は3レースを超えた出場経験がないことが条件となります。

M15_4553_fine

応募した若手ドライバーは、2段階の選考プロセスに参加し、ドライビングに必要とされる体力テストと耐久力について徹底的にテストを受けます。その後、最終選考候補者には、ポルシェ911 GT3 Cupでドライビングテクニックを証明する機会が与えられます。そして最優秀の候補者はポルシェジュニアとして契約を締結して、ポルシェカレラカップ・ドイツに出場します。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...