ポルシェ ミュージアムによるトランクアクスルの40年へのオマージュ。10月16日まで特別展示を実施

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のトランスアクスルモデルは、理想的なスポーツカーを体現している一方で、ポルシェの歴史から見ると独創的な存在です。その歴史は1976年にトランスアクスルパワートレーンの駆動方式を導入し新たな領域を開拓したタイプ924まで遡ります。そして、1976年-1995年の約20年間で、911で確立された原理とは全く異なる、タイプ924、928、944および968を生み出しました。924のデビューから40周年を迎えるにあたり、ポルシェミュージアムでは、特別展示「トランスアクスルの時代。924から928まで。」を設け、選びぬかれた23台の車を展示します。それらのうち半数以上がミュージアムにおける初展示となります。

S16_0166

トランスアクスルモデルは、発売当時、目覚ましい成功を収め、この新しいドライブトレーンをもつモデルの販売台数は、全世界で約400,000台に達しました。このような成功の背景となったのが、スポーツ性と居住性・快適性を同時に実現するというポルシェ特有の理念です。ポルシェミュージアムは、厳選された市販車とレーシングカーの展示に加えて、特定の展示ホールにしか置かれていなかったプロトタイプコンセプトカーも展示します。これには当初、エントリーモデルとして供給されていたポルシェ924の多彩なバージョンが含まれます。また、生産には至らなかったものの、944ガブリオレのデザイン開発に寄与した1979年の924ターボ タルガ プロトタイプが初めて展示されます。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...