ポルシェ、フォーミュラEカーのドライバーとして2016年のル・マンで圧勝したニール・ジャニと契約

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、12月17日、2019年12月から参戦するABB FIAフォーミュラE選手権におけるポルシェワークスチーム1人目のドライバーとしてスイス出身のニール・ジャニと契約を結んだと発表した。この新しいワークスチームは、経験豊かなジャニとともに、2019年12月に開幕する世界電気自動車シングルシーターシリーズの第6シーズンに備え、2019年の早い時期からサーキットテストを開始する予定。ポルシェは、最初の共通シャシーの到着に期待を寄せており、そこに取り付けるための自社開発のドライブトレインは、すでにテストベンチ上に用意されているという。

ポルシェ、フォーミュラEカーのドライバーとして2016年のル・マンで圧勝したニール・ジャニと契約

ジャニは、2013年からポルシェ ワークスドライバーとして活躍。ポルシェ919ハイブリッドのステアリングを握り2016年のル・マンで圧勝し、同年のFIA世界耐久チャンピオンに輝いた。現在35歳のジャニは、2014年から2017年の終わりまでの間に919ハイブリッドによって4つのレースで勝利し、9回のポールポジションと4回のファステストラップを獲得している。2018年にはスパ・フランコルシャン(ベルギー)において、当時F1が記録していた最速ラップタイムを919ハイブリッドEvoによって打ち破りコースレコードを記録。彼は、シングルシーターでキャリアをスタートした後、テストドライバーとしてF1まで上り詰めた。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...