ポルシェ、2018年の販売台数は前年比4%増の256,255台を記録

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

ポルシェAGは、2018会計年度において営業利益、売上高、販売台数、および従業員数の新記録を打ち立てて、この変革期に成功を収めた。営業利益は43億ユーロ(前年比約4%増)、売上高は258億ユーロ(10%増)、営業利益率は16.6%を記録した。2018年の販売台数は256,255台(4%増)で、従業員数は9%増(前年比)の32,325人に達している。

ポルシェ、2018年の販売台数は前年比4%増の256,255台を記録

「2018会計年度の魅力的な製品レンジによって、販売台数を再び大幅に増やすことができました。ポルシェは、エモーショナルなガソリンエンジンと高性能プラグインハイブリッドの代名詞となっています。将来的には、純粋なエレクトリックドライブシステムでも知られるようになります」と、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは述べている。ポルシェは2023年までに新製品に約150億ユーロを投資するという。

ポルシェは、E-モビリティ分野の製品を体系的に拡張している。ポルシェ初の完全な電動スポーツカーとなるタイカンが9月にデビューし、2020年の初めにはその派生モデルのクロスツーリスモが続く。将来的には新世代マカンにもエレクトリックドライブが搭載され、ポルシェによる2台目の純粋なバッテリー駆動モデルとなることが決定している。ポルシェでは、2025年までに販売台数の半分を電気駆動モデルまたは部分的に電気駆動のプラグインハイブリッドモデルとする予定だ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...