PDK IIは8速へ進化。ニュー ポルシェ パナメーラのワールドプレミアをベルリンで開催

公開日:Posted in ポルシェのニュース, 輸入車ニュース by

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)はニューパナメーラのワールドプレミア イベントを6月28日、ベルリンにおいて行いました。

P16_0557_a5_rgb

新しいパナメーラは二つの相反する要素、スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性、をこれまでにないほど高い次元で融合しています。「我々は2009年、パナメーラと共にラグジュアリースポーツサルーンという新たなセグメントを切り開きました。以来、15万台以上のパナメーラが販売されています。新しいエンジンとデザイン、最新のテクノロジーを得て、ニューパナメーラは完全に生まれ変わったと言えるでしょう。ニューパナメーラを生産するライプツィヒ工場には5億ユーロを投資し、ボディ生産設備を一新しました」とオリバー・ブルーメは語りました。

新しいパナメーラのデザインはダイナミックなフライラインによりスポーツカーのアイコンである911とのつながりを生み出しています。スタイル ポルシェのトップであるマイケル・マウアーは「クーペの様なルーフラインはよりダイナミックになりました。新たなサイドウィンドウを含む要素はサイドビューをクーぺに近づけ、より「スピード」を感じさせるデザインになりました」とコメントしています。ポルシェはニューパナメーラのデザインを「一目でパナメーラと分かること。そして、これまでパナメーラが持っていた特徴をさらに強化し、ウィークポイントであった点はすべて解消したもの」と表現しています。

パナメーラに搭載される新しいツインターボエンジンはよりパワフルになりました。また新しい8速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK II)は16%の燃費向上に寄与しています。11月のヨーロッパを皮切りに世界各国のマーケットに導入されるのは4WDのモデルです。パナメーラ ターボのV8ガソリンエンジンは最高出力404kW/550 PS、パナメーラ4SのV6ガソリンエンジンは最高出力324kW/440PSです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...