メルセデス・ベンツ 伝説のレーシングカー「300 SLパナアメリカーナ」からインスピレーションを得た「SL」を発表

公開日:Posted in メルセデスベンツのニュース, 輸入車ニュース by

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都港区)は、メルセデス・ベンツ「SL」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、本日より発売いたします。

メルセデス・ベンツ 伝説のレーシングカー「300 SLパナアメリカーナ」からインスピレーションを得た「SL」を発表

メルセデス・ベンツ SLは、メルセデス最高級モデルのひとつ。ゆったりと快適なクルージングを楽しむエレガントなロードスターとしても、また、ワインディングロードをダイナミックに走り抜けるスポーツカーとしても、圧倒的な高性能を誇る伝統のモデルです。

SL63______

特別な人との2人だけのシーンやスポーツドライビングを楽しみたい時など、あらゆるシチュエーションにおいて、メルセデスの最新技術により、オーナーの皆様のご期待にお応えします。

■「メルセデス・ベンツ SL」の特長
SL400____________
◎スタイリッシュで美しいエクステリア〔新規〕
SLは、いつの時代においても常にスタイリッシュで美しいエクステリアを兼ね備えてきました。今回、フロント部を中心に生まれ変わったエクステリアは、その特徴をより鮮明に強調されるデザインに生まれ変わりました。インスピレーションを与えたのは、フロントグリルを垂直に近く立てた伝説のレーシングカー「300 SLパナアメリカーナ」。
末広がりの形状とすることにより、メルセデス・ベンツのラインアップの中でも独特なフロントデザインをSLに与えています。※300 SLパナアメリカーナ:1952年誕生の世界初ガソリン直噴エンジンを搭載する2シーター・クーペ

SL400______

◎フルアルミニウムボディシェル
上質で俊敏な走りを追求するため、フルアルミニウムボディシェルを採用しています。軽量で高強度なアルミニウム材を使用するとともに、部位ごとに適した構造設計を採用して軽量化と高い剛性、最高レベルの安全性を同時に成立しています。

軽量で高い剛性のボディにより、ダイナミックな加速や正確で俊敏なハンドリング特性を発揮させることが可能となり、さらには、燃費向上にも大きく貢献して高い環境適応性を実現しています。

◎最高峰のインテリア
厳選された高級素材を各所に用いた高品質で最上なインテリアは、アンビエントライトも備えて、エモーショナルな雰囲気を演出します。

ダッシュボード上部はドアのベルトラインと一体化しており、円形エアアウトレットを4個配備したデザインでスポーツ性を強調します。さらには、厳選された素材により、大胆にして繊細な美しさを生み出しているdesignoインテリアも備えます(SL 65に無償オプション)。また、マルチファンクションステアリングには軽量なマグネシウム材を採用して操作性の向上を実現しています。

◎「レーダーセーフティーパッケージ」
搭載される安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」は、ドライバーの疲れを最小限に抑える快適性が安全なドライブに貢献するという思想に基づき、安全性と快適性を高次元で融合させたもので、メルセデス・ベンツではこれを「インテリジェントドライブ」と総称しています。

「インテリジェントドライブ」の土台となっているのが、クルマの周囲360°をカバーする複合的なセンサーシステムです。フロントウインドウ内側のステレオマルチパーパスカメラは、最大500mの範囲で大まかな様子をモニターするほか、2つのカメラで車両前方の約50mの範囲を立体的に捉えます。

レーダーは、フロントおよびリアバンパー側面に内蔵された25GHzの短距離レーダー4個と、ラジエーターグリル奥の77GHzの中・長距離レーダー、リアバンパー中央の25GHzマルチモードレーダーの合計で6個が搭載されています。これらのカメラとレーダーから得られたデータをコントロールユニットで融合させて、安全運転支援システムに対応するデータを作成します。

そして、このデータを高度なアルゴリズム(算法)で解析することにより先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し、その位置を特定します。これにより、状況を判断して、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストする、まさに「部分自動運転」を実現しています。

さらに、乗員のみならず、歩行者など車両の周辺も含んだ安全の実現を目指しています。また、安全性に加えて、利便性を向上する装備として、自動操舵・ブレーキ機能によって縦列駐車と並列駐車をアシストする「アクティブパーキングアシスト」を標準装備しています。

SL65____________

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...