ポルシェ 919ハイブリッドがル・マンにおける18度目のポールポジションを獲得

公開日:Posted in ポルシェのニュース, 輸入車ニュース by

ル・マン. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のポルシ919ハイブリッドはFIA世界耐久選手権(WEC)の2016年シリーズ第3戦として開催されている第84回ル・マン24時間レースの予選において、ポールポジションを獲得しました。これはポルシェにとってル・マンにおける18度目のポールポジションです。6月16日(木)の19時から21時と22時から24時行われた予選2セッションはほぼウェットだったため、前日夜に行われた最初の予選セッションから誰もタイムを縮めることは出来ませんでした。

M16_2265_fine

M16_2280_fine

今年のル・マンに参戦する60台中、トップタイムを記録したニール・ジャニ(スイス)は水曜日の予選で13.629kmに及ぶ長いサーキットを、3分19秒733で駆け抜けました。ジャニは自身が昨年記録した現在のコースレイアウトにおける予選レコードラップの3分16秒887に挑みましたが、難しいコンディションということもあり記録更新はなりませんでした。水曜日の予選、3分20秒203でジャニに続いたのは現WEC世界チャンピオンのティモ・ベルンハルト(ドイツ)でした。この結果、昨年と同じ6名のポルシェワークスドライバー達がフロントローを独占する事になります。ポルシェがル・マンの予選でワン・ツーを獲得するのは15度目です。

M16_2260_fine

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...