ポルシェ 911が米国の調査会社による初期品質調査で自動車部門で総合1位を獲得

公開日:Posted in ポルシェのニュース, 輸入車ニュース by

米国の調査会社であるJ.D.パワー(本社:米国、カリフォルニア州ウェストレイクビレッジ)が行った今年度の「初期品質調査」において、ポルシェ911が自動車部門で総合最上位、セグメントでは連続5回目となる最上位の評価を獲得しました。シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンにあるポルシェの本社生産工場も、工場ランキングで1位を獲得し、最新のシリーズであるポルシェ マカンも、セグメント1位に輝きました。この調査は、8万人の個人を対象として行われ、メーカー33社の245モデルが評価されました。

P15_1226_a5_rgb

911は「ミッドサイズ・プレミアム・スポーティカー」セグメントにおける1位獲得を5年連続で達成しました。2012年以来、米国のお客様はシュトゥットガルト-ツッフェンハウゼン生まれのこのクラシックモデルが、最高の品質であると証言しているのです。さらに、ポルシェ911は調査対象になった全車両のうち、最も苦情が少ない車両でもありました。昨年初めて調査対象となり、すぐに1位を獲得したマカンは、「プレミアム・スポーティSUV」セグメントで今年も1位を獲得しました。

P15_0950_a5_rgb

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...