フォルクスワーゲン Golf GTI Clubsport Track Editionを、5月21日より受注開始。限定400台

公開日:Posted in フォルクスワーゲンのニュース, 輸入車ニュース by

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(代表取締役:ティルシェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気スポーツハッチバックモデル「Golf GTI」の生誕40周年を記念して開発された特別限定モデル「Golf GTI Clubsport(ゴルフジーティーアイクラブスポーツ)」の導入にあたり、第1弾として、サーキット走行をイメージし、最も走りに特化した「Track Edition(トラックエディション)」を本日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて受注を開始いたします。導入台数は、400台。ボディーカラーは、ピュアホワイトxブラックルーフと、カーボンスチールグレーメタリックxブラックルーフの2色展開で、全国希望小売価格(税込)は、4,699,000円です。

フォルクスワーゲン Golf GTI Clubsport Track Editionを、5月21日より受注開始。限定400台

パワートレインは、現行Golf Rの2.0L TSIエンジンをベースにさらなる改良を加え、現行Golf GTIと比べて33kw/45PSアップさせた最高出力195kw/265PS、最大トルク350Nm/35.7kgmの2.0L TSIエンジンと6速DSGを搭載しています。さらにアクセルペダルをキックダウンするだけで、約10秒間*最高出力が213kw/290PS**、最大トルク380Nm**を発生するブースト機能*が発動します。

00009934

*ブースト機能作動条件:1.ギアが3速~6速のいずれかであること。2.ドライビングプロファイル機能でスポーツモードが選択されていること(あるいはDSGのシフトモードで「S」が選択されていること)
**メーカー公表値

00009936

フロントエンドは、光沢ブラックに仕上げられエアディフレクターを兼ね備えたフロントバンパーが、エンジンへの空気の吸気量を向上させ、フロントの空力性能とダウンフォースを引き上げます。また、リヤスポイラーは、現行のGTIに搭載されているスポイラーよりも大型化し、リヤアクスルのダウンフォースを最適化します。インテリアでは、赤いセンターポジションマークを配したGTIロゴ付アルカンターラ巻き専用ステアリングホイールなど、現行のGolf GTIよりも、よりレーシーなイメージとなっています。第1弾で導入する「TrackEdition」では、専用の19インチアルミホイールとレカロスポーツシートを採用し、スポーツ走行をサポートしつつドライバーの高揚感を高める仕様となっています。

00009935

今回「Golf GTI Clubsport Track Edition」を新たに導入することで、フォルクスワーゲンが作り上げた“GTI”ブランドをより際立たせると共に、これからも“R”や“GTE”を含むフォルクスワーゲンスポーツモデル全体の世界観やスポーティでエモーショナルな魅力をより多くのお客様に訴求してまいります。今後、第2弾モデルとして、より気軽に「Golf GTI Clubsport」の魅力を味わえる「Street Edition(ストリートエディション)」の導入も予定しています。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...