BMWが量産車初の革新機能「リモート・パーキング」を導入。自動運転技術を応用した車外からの遠隔操作で駐車可能に

公開日:Posted in BMWのニュース, 輸入車ニュース by

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、BMWのフラッグシップ・モデルである新型BMW 7シリーズに、車外から遠隔操作で駐車することができる量産車初の革新機能「リモート・パーキング」をオプション設定し、全国のBMW正規ディーラーにて、本日より販売を開始すると発表した。

リモート・パーキングの希望小売オプション価格(8%消費税込み):74,000円

BMWが量産車初の革新機能「リモート・パーキング」を導入。自動運転技術を応用した車外からの遠隔操作で駐車可能に

リモート・パーキングの概要:
●乗員の乗り降りが難しい幅の狭いスペースへ駐車する際など、ドライバーは駐車スペースの前方中央にクルマを停めて、車外からBMWディスプレイ・キーを操作することにより、遠隔操作で駐車させることができる。駐車完了後のエンジン停止もBMWディスプレイ・キーで操作が可能である。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...