2016年7月の日本におけるBMW登録台数が、7月度過去最高を記録

公開日:Posted in BMWのニュース, 輸入車ニュース by

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)が販売するBMWブランドの乗用車の、日本における2016年7月の登録台数が3,570台(対前年比+14.1%)を記録し、同社がBMWの販売を始めた1981年以降、7月度の単月として過去最高を記録した。

P90219550-highRes-801x675

特に好調なモデルは昨年10月に登場した新型7シリーズで、年初からの累計で前年比4倍以上の伸びを見せている。一方、台数の面で貢献が大きいのは1シリーズ、2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラーおよび新型X1である。5月に待望のクリーン・ディーゼル・エンジン搭載車をラインナップに加えた1シリーズと、2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラーはそれぞれ前年同期比で約4割、販売を増加させた。昨年末にフルモデルチェンジを果たした新型X1は引き続き好調で、前年比約4倍の躍進を遂げている。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...