「BMW i」がアートイベント「瀬戸内国際芸術祭2016」のオフィシャルカーを提供

公開日:Posted in BMWのニュース, 輸入車ニュース by

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)が取り扱う、持続可能な次世代モビリティを提供するプレミアム・ブランド「BMW i」は、香川県および岡山県において2016年3月20日(日)から春、夏、秋の3シーズンに分けて合計108日間にわたり開催される「瀬戸内国際芸術祭2016」に協賛すると発表した。

P90214222_highRes_bmw-i-supports-setou

「瀬戸内国際芸術祭」は2010年の第1回の開催以来、3年に一度のペースで開催されており、期間中に約100万人の来場が見込まれる世界最大規模のアートイベントである。現代アートの聖地として一躍有名になった直島をはじめ、親しみ深い景観と豊かな自然が息づいている瀬戸内海の12の島と2つの港において、34の国と地域から226組の芸術家たちが作品を披露、地元伝統芸能・祭事と連携したものを含む38のイベントが開催される。

「BMW i」はイベント会場内のオフィシャルカーとして、原 研哉氏によるオリジナル・デザインを施した電気自動車BMW i3を7台提供(直島/ 豊島/ 小豆島に配備)するほか、瀬戸内海のリゾートホテル宿泊券や、作品鑑賞パスポートのプレゼント・キャンペーンをウェブサイトにて実施する。

イベント概要等の詳細は、以下キャンペーンサイトご確認いただきたい。

▼キャンペーンサイト
美しい瀬戸内の大自然を彩る、BMW i と現代アート/瀬戸内国際芸術祭応援キャンペーン
http://bmw-i.jp/Campaign/setouchi-artfest/

[ライター/CL編集部]

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...