最新のクリーンディーゼルを搭載した、新型Audi Q5 40 TDI quattroを発売

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は美しいデザインと、高効率エンジンやquattroによるダイナミック性能が特徴のミッドサイズSUV、Audi Q5に、最新のクリーンディーゼルを搭載したモデルAudi Q5 TDI 1st edition black stylingを追加し、2月19日より全国のアウディ正規ディーラー(126店舗、現時点)を通じて発売すると発表した。

最新のクリーンディーゼルを搭載した、新型Audi Q5 40 TDI quattroを発売

Audi Q5 40 TDI quattroは、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能を楽しめる、Q5の新しいエントリーモデルだ。最新の技術を惜しみなく投入し、妥協ない環境性能と190ps/400Nmという運動性能を併せ持つことで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現している。その一方JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/L上回る15.6km/Lで、モード燃費による単純乗算でも航続距離は約1100kmに迫るという(タンク容量:70L)。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...