アストンマーティン V12 Vantage Sに、7速マニュアル・トランスミッションを搭載

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

アストンマーティンは、もっとも純粋なエンスージアストの方々を魅了する卓越したスポーツカーを製造するというコミットメントに従い、2017年モデルの製品ラインナップに、センセーショナルなマニュアル・トランスミッション仕様のV12 Vantage Sを追加します。

v12-vantages_manual_060416_15

純粋なパフォーマンスと驚異的なアジリティを融合する真のスポーツ・アイコン、V12 Vantage Sに設定される2種類のトランスミッションは、どちらを選択しても独自のキャラクターとダイナミズムを提供します。スポーツシフト™IIIがより現代的なドライビング・エクスペリエンスを実現する一方、マニュアル・バージョンはドライバー主導によるクラシックな魅力でスポーツマインドを刺激します。V12 Vantage Sならではのスポーツ・クオリティは、どちらの仕様にも共通しています。

v12-vantages_manual_060416_13

製品開発担当ディレクターのイアン・マイナードは、次のように述べています。「アストンマーティンでは、すべての従業員が自動車エンスージアストです。他とは違う特別なクルマを造ることこそ、我々の使命です。テクノロジーは、我々を進歩へと誘いますが、同時に我々は伝統の大切さも理解しています。純粋な運転の歓びを求める方々は、マニュアル・トランスミッションならではの操作感によるクルマとの繋がりを望んでいます。そのため、我々はアストンマーティンの現行ラインナップの中で、もっとも速く、スポーツに特化したモデルに伝統の流儀を復活させることに大きな歓びを感じています。ハイパフォーマンス・セグメントからマニュアル・トランスミッションが絶滅しようとしている今、マニュアル・バージョンのV12 Vantage Sは、真に特別な1台だといえるでしょう。」

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...