第2世代モデルとなったポルシェ パナメーラの予約受注を開始

公開日:Posted in 輸入車ニュース by

日本. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、純粋なスポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性という2つの相反する特性をこれまで以上に高い次元で調和させたニュー ポルシェ パナメーラ4Sおよびパナメーラターボの予約受注を、7月28日(木)より全国のポルシェ正規販売店にて開始いたします。

■よりダイナミックなフライラインを備えた911デザインランゲージ
P16_0382_a5_rgb
新世代パナメーラのユニークなコンセプトは、表情豊かなデザインが視覚的に反映されています。長く、ダイナミックなプロポーションと目を引くショルダー、力強いサイドパネル、そしてリアを20mm低くしたことで引き締まったルーフラインこそが、紛れもなくパナメーラであり、スポーツカーなのです。このポルシェ特有のフライランが、ポルシェのデザインアイコンである911とのスタイル上のつながりを生み出します。

■ポルシェ アドバンストコックピットの多彩な機能とシンプルな操作性
P16_0381_a5_rgb
ブラックのパネル面とインタラクティブなディスプレイは、スマートフォンやタブレットの見やすさ、そして直感的な操作マトリックスと、車の制御のための実用性を兼ね備えています。従来のハードキーとメーター類は大幅に縮小され、新しいポルシェ アドバンストコックピットの中央に設置されたタッチパネルと個別に設定可能なディスプレイに代わりました。

これは、ドライバーと助手席および後部座席の乗員に大きなメリットをもたらします。コミュニケーション、コンビニエンスおよびアシスタンスシステムが大幅に拡張されているにもかかわらず、各機能はさらに明確かつ直感的に操作することができます。ポルシェ アドバンストコックピットは、ドライバーの情熱を受け止めつつ古き良きアナログの感性をモビリティのデジタル表示に転換します。メータパネルの中央に配置されたレブカウンターは、1955年のポルシェ356Aに対する敬意を表しています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...