プロに聞く!オイル漏れを発見したときにオーナーが取るべき行動とは?

公開日:Posted in メンテナンス by

エンジンルームを開けたときや、自宅および外出先の駐車場などで見つけてしまったオイル漏れ。それは、部品のすき間からにじんだものだったり、アスファルトにポタリと落ちた跡だったり…。

経験のある方なら分かると思いますが、正直いって見て見ぬフリをしたくなるもの。できれば見間違えであって欲しい…。しかし、多くの場合、現実であることがほとんどです。

まだ様子見でいいだろう…。日常に忙殺されて、そのまま放置した結果、あるとき大変なことに!という結末だけは何としても避けたいところです。

ここで改めて、多くのクルマ好きにとってはあたりまえのことかもしれない「オイル漏れについて」を再考してみたいと思います。今回は、現場でさまざまな事例を見ている輸入車や旧車整備のプロフェッショナルであるS氏に取材を試みました。

オイル漏れとはどのような現象なのですか?

プロに聞く!オイル漏れを発見したときにオーナーが取るべき行動とは?

クルマには様々なオイルが使われています。車種によっても違いがありますが、エンジンオイル、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキオイル、パワステオイルなどが主なオイルとして挙げられます。これらのオイルが、タンクや機関部、ホースなどから外に漏れ出してくる現象を「オイル漏れ」といいます。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...