あなたは把握できていますか?DIYで出来る、数少ない車上整備「オイル交換」のこと

公開日:Posted in メンテナンス by

今回は久しぶりにカーケアについての話題を書こうかと思います。今まで何度か「自分で出来る日常整備」というテーマを取り上げた事がありますが、クルマが年々ブラックボックス化する中で、今なおオーナーがDIYで出来る数少ない車上整備の一つがオイル交換ではないでしょうか?

とはいえオイル交換くらいであればディーラーの整備の案内キャンペーンや法定点検にこまめに出している人であれば、まず気にする必要はないとは思います。カー用品店やホームセンターに行けば今尚、自動車用エンジンオイルが売り場の一角を占め、オイルフィルターとフィルターレンチや、ドレンパッキン、廃油処理用品等、一般ユーザーが自分でオイル交換するために必要なものはほぼそろっているところを見ると、オイル交換くらいは自分でするユーザーというのはまだまだ相当数いるということでしょう。

適切なエンジンオイルの交換時期とは

エンジンオイルの交換時期といえば「5000kmもしくは半年に一度」というのは一度は耳にした方も多い事と思います。また筆者のクルマのような、キャブレター式の旧型エンジンではエンジンオイルがガソリンで希釈されて粘度が落ちる、というガソリン希釈という問題も発生するため、3000kmごとの交換がよいとされるパターンもあります。欧州車や最近のエコカーの中には1万km以上のオイル交換を謳うクルマもありますが、距離は乗らなくても熱と空気にさらされている以上、オイルの酸化は避けられないので交換から半年経過したら必ず交換してください。

ある欧州車では、あえてオイル消費を多くして定期的にオイルをつぎ足すように促してオイルの交換サイクルを伸ばしているという話を聞いたことがあります。更に24時間耐久のレーシングマシンもわざとオイル消費させ、ピットのたびにオイルを継ぎ足すことでオイルの鮮度を保つようにエンジンを設計してるという話もあります。「女房と畳は…」という諺がありますが、やはりエンジンオイルも新しいに越したことは無いようです。

エンジンオイルは何を選べばいい?

エンジンオイルには大きく分けて3種類あります。ガソリン車用、ディーゼル用、2スト用です。ガソリン・ディーゼル兼用となっている物もありますが、エンジンオイルはエンジンの特性や潤滑方式に合わせて設計されているため、指定以外のオイルは最悪焼き付きなどの重篤なトラブルの原因になります。必ずエンジンの形式に合わせて指定のオイルを入れてください。

エンジンオイルにはベースオイルによって鉱物油、部分合成油、化学合成油があります。もちろん、単純なスペックでいえば部分合成油や化学合成油の方が高性能で価格も高くなります。エンジンオイルの性能と価格は相関関係にあると言っても間違いないでしょう。だからといって高価なオイルを入れればいいのか、というとそういうわけでも無いようです。

時々、オイルメーカーの方と話す事があるのですが、オイルの価格はベースオイルと添加剤によって変わります。エンジンオイルと言ってもただの潤滑剤ではなく、さまざまな添加剤をベースオイルに混ぜることで、熱による粘度の変化を抑えたり、油膜保持能力を高めたり、ガソリン希釈へ耐性を持たせたりしているそうで「僕はオイル屋さんというより混ぜ屋さんと言った方がいいかもしれませんね。(苦笑)」と言っていました。そしてクルマによっては必ずしもハイスペックなオイルが必要というわけでもありません。

鉱物油、部分合成油、化学合成油の違い

鉱物油
ベースオイルが石油ベースのもっともベーシックなオイルです。酸化や熱などの高負荷やガソリン希釈に弱いですが、ファミリーカー等の実用車で使用する分には十分な性能を有しています。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...