レアなサイズのミシュラン TRXを海外から個人輸入。旧車部品はどこまで自力調達できるか?

最終更新日: 公開日:2018-01-06 | Posted in メンテナンス by

旧車オーナーにとって共通の悩み。それは維持費や劣化、あるいは保険など、数え上げればキリがありません。なかでも最大の悩みとして、部品調達を挙げる人は少なくないと思います。筆者も先日、旧車の部品についてやむなく自力調達したことがあったので、その体験談をまとめてみます。

少しだけ光明が見えてきた日本の旧車部品供給

一部の輸入車ブランドを除けば、これまで旧車の部品供給は基本的に厳しい状況に置かれていました。乗り続けたいと思っても部品の入手が困難で、泣く泣く愛車を手放した人は少なくありません。

そんな状況の中、マツダはNAロードスター、日産自動車は関連企業と協力してR32型スカイラインGT-Rの部品供給に踏み切るなど、長く乗り続けたいオーナーに向けたサポートが開始されています。タイヤメーカーでは、ヨコハマタイヤが往年の「ADVAN HF Type D」を復刻するなど、旧車オーナーにとって歓迎すべき動きがありました。

ミシュラン TRX 個人輸入 旧車 クラシックカー

とはいえ、多くの旧車オーナーが部品供給に悩んでいることに変わりありません。特にタイヤはオリジナルが入手できないことが多く、代わりに履いたタイヤによって雰囲気が変わってしまうこともあります。こだわりがなければ悩みもないのですが、旧車オーナーは基本的にこだわり派が多いので、部品に対する悩みは尽きません。

ミシュラン TRXの光と影

筆者が所有しているクルマは、シトロエン BX 4TCという1986年式の車両。シトロエンがWRC(世界ラリー選手権)のホモロゲーションを取得するため、当時のグループB規定に合わせて製作したモデルです。

ミシュラン TRX 個人輸入 旧車 クラシックカー

2007年に購入してから10年が経ち、走行距離は10年で8,000 kmほど。購入当初はさまざまなトラブルに見舞われたものの、数年前からまったくのトラブルフリー。トヨタ・セリカ GT-TSやダイハツ・シャレード 926ターボと並び、実はもっとも財布にやさしいグループB車両ではないかとさえ思えるほどです。

とはいえ、ひとつだけ気がかりなことがありました。それはタイヤのひび割れです。購入時に日本で新品のタイヤを装着して以来そのまま履き続けていたため、サイドウォールにひび割れが生じていました。いつか交換しなければと思いながら、ずっと先延ばしにしていたのです。

価格の高さも交換を先延ばしにしていた理由のひとつです。シトロエン BX 4TCのタイヤ/ホイールは、当時のシトロエン CX25 GTi ターボIIと同じものが装着されています。そのタイヤサイズは210/55 VR 390、ホイールサイズは150 TR 380 FHというもの。この一般的でない表記は、ミシュランが1975年に開発した初の偏平タイヤ「TRX」の専用サイズ。一般的なインチ表記ではなく、ミリ表記となっていました。また、そのサイズと形状に合わせて、ホイールも専用サイズとなるのが特徴でした。

ミシュラン TRX 個人輸入 旧車 クラシックカー

▲オーナーズマニュアルの諸元表にはタイヤ/ホイールサイズが記載されている

「TRX」は当時の超高性能タイヤとして、フェラーリ 512 BB、ルノー 5 ターボ、BMW M635 CSiなどの高性能モデルに装着され、グループB車両のプジョー 205 ターボ 16にも採用されました。しかし、ミシュランが提唱したミリ表記はその後普及することなく、インチサイズの一般的なホイールが使えない「TRX」は次第に姿を消していきました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...