プロに聞く!エンジン警告灯が点灯したときの対処法およびNG行動とは?

最終更新日: 公開日:2016-10-14 | Posted in メンテナンス by

エンジン警告が点灯したときにやってはいけないNG行動とは?

そのまま走行を続けることはしないようにしてください。交通事情により警告灯が点灯してもすぐにはクルマを停められず、しばらくは走行せざるを得ない場合、急加速や高速での走行は避けてください。そして、できるだけ負荷がかからないような運転を心掛けてください。ただし、著しいエンジン不調や異臭、異音などの状況が見られる場合は、事故や車両火災などの危険性もありますので、直ちに走行をやめて安全な場所に停車してください。

エンジン警告灯の誤作動があるのか?(特に輸入車)

エンジン制御に関わるセンサー類の誤作動でエンジン警告灯が点灯するケースはあります。しかし単に誤作動で警告灯が点灯するというケースは稀です。警告灯が点灯したということは、何かしら故障があると想定しておいてください。(誤作動が起きる=故障している、というふうにも考えられるからです)

「自称、クルマいじりが得意な方」が陥りやすい事例とは?

クルマに詳しく、またクルマいじりが得意な方は、経験も知識も豊富だと思われます。だからこそクルマを診るときに過去の経験やよくある故障事例にとらわれて、基本的な(簡単な)不具合を見落としてしまい、文字通り「ドツボにはまってしまう」ことがしばしばあります。

例えば、パワーウインドウが動かなくなって、時間をかけてスイッチやモーターを点検してみたけれど、原因が分からない。色々悩んだ挙句、結局原因はヒューズの接触不良だった。あるいは、ドアミラーなど電装品の連鎖的な作動不良が起きていて、リレーや配線、ヒューズボックスなどを疑いさんざん悩んだけれど、結局原因は1本のアース不良だった…等々。経験や知識が増えれば増えるほど、不思議と灯台下暗しな事態が発生しやすくなるものです。

これは本職の整備士でも起こりうることで、十分注意しなければなりません。クルマを診るときは先入観を持たず、フラットな状態で事実を客観的に捉えることが肝要です。

現場のプロが遭遇した、エンジン警告灯にまつわる3つのケース

ケース1:必ずしもエンジン関係の故障とは限らない?
エンジン警告灯が点灯したといっても、必ずしもエンジン関係の故障とは限りません。ポルシェ ボクスターで、ティプトロニックのコントロールユニットの不具合が原因でエンジン警告灯が点灯したケースがありました。エンジンのコントロールユニットが「ティプトロニックのコントロールユニットとの通信不良」というエラーを拾ったためにエンジン警告灯が点灯したという事例があります。

ケース2:給油口キャップの不良でエンジン警告灯が点灯?
ポルシェ カイエンで燃料タンクキャップ(給油口キャップ)の不良でエンジン警告灯が点灯したケースもありました。キャップには燃料タンク内の内圧を保持する機能が備わっていますが、キャップが古くなり内圧が保持できなくなった結果、エンジンの警告灯が点灯してしまいました。セルフのガソリンスタンドで給油したことのある方ならわかると思いますが、給油口キャップを空けるときに「シュッ」と圧力が抜ける音がしますよね。あの音がまったくしなくなっている状態で、キャップがしっかりしまっていない場合でも同様にエンジン警告灯が点く場合があります。

ケース3:故障ではなく、汚れが原因でエンジン警告灯が点灯?
メルセデス・ベンツCクラスで、空燃比制御関連のエラーが入り、エンジン警告灯が点灯したケースがありました。原因はスロットルバルブの「汚れ」でした。スロットルバルブの周辺にカーボン汚れが溜まっていたことが原因で、アイドリング時の空燃比制御がうまくいかず、その結果エンジン警告灯が点灯しました。このように故障ではなく、汚れが原因でエンジン警告灯が点灯してしまうこともあります。

エンジン警告灯が点灯したけれど、少しくらいは大丈夫…が悲劇を呼ぶ

人間でも、体調が悪いけれどそのうち治る…という根拠のない自信のようなものが身体にダメージを蓄積していくことがあります。それは生身の身体でも、機会の塊でも同じです。予防整備はもちろんのこと、いざというときには見過ごすことなく、しっかりと対処していきたいものです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...