発売予定の部品がSNSで大きな反響!「レストアパーツ.com」で日本のレストアライフが変わる

公開日:Posted in メンテナンス by

国産クラシックカーのレストアで、一番の悩み処のパーツといえばなんといってもボディの外鈑部品ではないでしょうか?

今までにCLカーズでも、主にトヨタ車でゴム部品や機関部品のリプロ品に熱心なTHサービス(http://thservice.jugem.jp)、スカイラインやフェアレディZのガーニッシュやエンブレム、内装部品等で有名なリバイブジャロピー(http://revivejalopy.web.fc2.com/catalog.html)、ユニークなところではまさかのタイのオート三輪タクシーいわゆる「トゥクトゥク」がダイハツミゼットの部品としても使えるというニューズ(http://www.geocities.jp/news0001jp/)、イギリスのクラシックカー用タイヤの専門商社、ヴィンテージタイヤサプライの代理店で、20世紀初頭のクラシックカー用のタイヤですら入手可能な村上タイヤ(https://www.murakamitire.co.jp)等、少なからず国産クラシックの部品供給の問題を打破しようと尽力している業者があることを紹介してきましたが、先日筆者が参加した愛知ワールドクラシックカーフェスティバルin常滑で、またもや魅力的なクラシックカー用のリプロ部品をリリースしている業者のブースを発見しました。

それが今回ご紹介するレストアパーツ.com(まんさく自動車)です。

クラシックカーのレストアや修理の難所外鈑パネル

「日本のレストアライフが変わる」というある意味、過激な(?)コピーですが、クラシックカーのレストアや修理で一番苦労するのが外鈑パネルでしょう、機械的な部品はオーバーホールが可能だったり、ほかの車種からの加工流用や汎用品、運が良ければ品番が変わって別の車種で使われ続けていたというケースもあるのですが、外装や外鈑だけはそうもいかず、少々状態が悪くて錆や腐食があっても鈑金修理で使いまわしたり、状態のよい物や未使用品のデッドストックが稀に市場に出ると青天井の値段が付くというケースもあります。また外鈑部品の入手の難しさゆえに、腐食をアルミテープとパテで塞いでフルレストア済と称して市場に出すという悪質なケースもあります。

しかし、自動車の部品の中で外鈑部品は一番リプロが難しいともいわれ、金型を起こす初期費用の大きさや、製品の保管スペースの問題など、多くのリプロ業者が二の足を踏んだ分野ですが、いよいよ日本のリプロ業者に外鈑パネルの分野に打って出る業者が現れたとことに期待を抱かずにはいられません。しかも今回もまた筆者の住む名古屋市のすぐ近く、航空ファンの聖地、岐阜基地とかがみがはら航空宇宙博物館のある、岐阜県各務ヶ原市にあるレストアパーツ.comを運営するまんさく自動車に向かいました。

部品の在庫はまんさく自動車の整備工場ではなく、別の敷地の倉庫にあるというので、案内された倉庫の中に入っていくと大量の段ボール箱が、「レストアパーツ.comの拠点の準備中なので…」というので、てっきり準備中の倉庫の部材かと思ったのですが…

「これ、全部商品なんです」

筆者の頭の中は一瞬「???」となったのですが


たしかに、箱には510/1600/BLUE BIRDやSKYLINEの文字が、これがすべてハコスカや510ブルーバードの新品のバンパーやボンネットだというのですが、なかなか信じることができません。「箱から出しますの実際に見てください」という言葉とともに手近にあった箱から出てきたのは…


510型ブルーバードの新品のバンパーが!

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...