もしもゆとり世代の若者から「ベンツ欲しいんですけど、買っていいと思いますか?」と聞かれたら

公開日:Posted in ライフスタイル by

もしもゆとり世代の若者から「ベンツ欲しいんですけど、買ってもいいと思いますか?」と聞かれたら…。

筆者なら「もし、何とかなるなら、男の60回ローンを組んででも手に入れて!」と答えます。

ゆとり教育世代の定義は明確ではないようですが「1987年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれ」という説に基づくと、アラサーから義務教育の世代まで、幅広い層がこれに該当します。少なくとも、成人している彼ら(彼女)たちは、ことあるごとに「これだからゆとり世代は…」といわれることに敏感になっているように感じます。

せめて自分だけはそういわれ(思われ)ないようにしよう、と努力している(気に掛けている)方が大勢いる、というのが率直な印象です。

そんな空気を読むことに神経を使いつつ、欲しいクルマがそれなりの価格帯となると、どうしても世間体を気にしてしまうそうです。それがメルセデス・ベンツであれば、割と手頃な価格の中古車であったとしても関係ないことも理解できます。。

もしもこれが親目線だとしたら複雑な心境なのかもしれませんが、職場の後輩や飲み仲間…等々。20代の若者から、メルセデス・ベンツに限らず「ちょっと背伸びしたクルマが欲しいけど、どう思いますか?」と聞かれた際に、ぜひ以下の(もちろんそれ以外)の事例を話しつつ、ポンと背中を押してあげてください。

1.いままで頑張った自分へのご褒美に…では遅いときもある

44019_p52_s_2__page_1

これは若くして会社を興し、1代で何十人もの従業員を抱える企業にまで成長させた、ある経営者の方のエピソードです。会社を経営していらっしゃる方であれば「常に企業を成長させ、従業員とその家族を養っていく」ことの大変さは身に染みて理解できるのではないかと推察します。筆者も「今月も無事、みんなに給与を支払えた…」と安堵する何人もの経営者を見てきました。

そんな経営者の方が60才になったのを機に、念願だったポルシェ911を新車で購入しました。ついに若いころから憧れていたポルシェオーナーとなったのです。しかし、手に入れて初めて気づいたことがあります。クルマが想像以上にスポーティすぎたのです。確か、雑誌の記事などでは911も乗りやすくなったと書いてあったはず…。それは日々、スポーティなクルマに接している方の印象に過ぎません。

これまで大型セダンを中心に乗り継いでいた社長さんにとって、911はあまりに過敏すぎたのです。高速道路を走っていると、背後にスポーティなクルマたちがぴったりと張りつき「もっと飛ばせ」とあおってくる…。そんなことが続き、やがて乗ること自体に疲れてしまった経営者の方は、1年ほどで911を手放してしまったのです。

加齢とともに腰や膝が痛み、重いクラッチ、長時間バケットシートに座り、ローポジションを強いられるのは辛い。乗り降りが大変…等々。年齢的に、気持ちはまだまだ前のめりでも、体がついてこないこともありそうです。お子さんの運動会でお父さんたちが張り切って徒競走に出てみたものの、足がもつれて転倒…そんな光景を思い浮かべてしまいます。

2.結婚したらさらにチャンスが遠のく

H2_P1

既婚者の方であればイメージしやすい例だと想像します。一家の大黒柱になった(なってしまった?)以上、犠牲となるものが必ずあるはず。そのひとつがクルマ選び。仮にお子さんがいる3人家族だとして、2シーターのクルマを買って良しといってくれる天使のような奥様が日本にどれくらいいるでしょうか。おそらくそれは、何かの拍子に、天使のような悪魔の笑顔(?)になることはほぼ確実です。ましてや、家族会議なしでクルマを買ってしまったら…。

独身時代に購入しておけば、そのまま所有することを許可してくれる…かもしれません。少なくとも、いかにこのクルマが自分にとって必要か必死で訴える余地はあります(それを一蹴されることもありますが…)。そうなったときに、クルマまたはパートナーを選ぶかは本人次第です。※結果、クルマを選んだ人を何人か知っています。

いまは、空前の猫ブームのようです。スーパーにある掲示板などで猫の里親募集の張り紙を見たことがありませんか?里親だし、簡単にゆずってくれるのかと思いきや、実際はそうではありません。お金を払えば買える(この表現は使いたくありませんが)ペットショップの方がよほどハードルが低いのです。

特に、独身男性には譲ってもらえないこともしばしばです。それは何故か?独身男性が結婚するとき、相手の女性が猫嫌い(またはアレルギー)などの状況に置かれたら、最後の最後で女性を選んでしまう傾向があるから、とのことです。反対に、女性は男性よりも猫を選ぶのだとか。私と愛猫をまとめて面倒見てくれない相手なんて、こちらから願い下げということなのでしょう。話しは逸れましたが、どう転んでも、男性は女性に合わせるしかないようです。奥さんの尻に敷かれることが夫婦円満の秘訣…なのかもしれません。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...