往復1,000kmの京都日帰り往復も、メルセデス・ベンツなら疲れ知らず?

最終更新日: 公開日:2016-01-30 | Posted in ライフスタイル by

私の友人が先日、中古のメルセデス・ベンツCLS550シューティングブレークを購入しました。それまでは歴代のSクラスやEクラスワゴン(S211)を所有しており、念願だったCLSシューティングブレークをようやく購入したそうです。

往復1000kmの京都日帰り往復も、メルセデス・ベンツなら疲れ知らず?

その友人はスポーツカーやチューニング等にはほとんど興味がなく、ノーマルの状態が保たれた程度のよい中古車を手に入れ、高速道路の追い越し車線を飛ばすわけでもなく、しっとりと大事に乗るタイプです。ましてや、見栄やステータスでメルセデスに乗るタイプではないと断言できるほど、人に観られることを好みません(オーナーインタビューも「勘弁してください」だそうで…)。そろそろ他のメーカーも乗ってみたいと思わないの?と訪ねると「やっぱりこれ(メルセデス)がいいんですよね」とのこと。すでに上がりのクルマを乗り継いできた感すらある友人は、今後どんな愛車遍歴を重ねていくのでしょうか…。

話しは変わりますが、5年くらい前、ある方のご厚意でメルセデス・ベンツEクラスワゴン(S212)をお借りして日帰りで京都に行きました。お借りしたモデルは、6気筒エンジンを搭載するE300ステーションワゴン。人気があるアヴァンギャルド仕様ではなく、素のモデルです。

315748_264594170225879_895078_n

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...