VW車は今こそ「買い時」なのか?フォルクスワーゲンの現状を考えぬいてみる

最終更新日: 公開日:2015-12-31 | Posted in ライフスタイル by

タイトルにある“VW車は今こそ「買い時」なのか?フォルクスワーゲンの現状を考えぬいてみる”を、身銭を切って実践してみました。…というとかなりおおげさですが、フォルクスワーゲンの排ガス規制偽装事件が起こったその最中にフォルクスワーゲン ゴルフ6からゴルフ7に乗り換え、現在にいたるまでの状況をまとめました。

唐突ですが、フォルクスワーゲン ゴルフが大嫌い…でした。高校生のころは。なんでわざわざゴルフなんて買うのだろうと本気で思っていました。運転免許を取得する前ですから、実体験が伴っていなかったのです。ときはバブル。「シーマ現象」などという言葉が生まれた時代です。初代シーマ、憧れでした。

その後、当時、勤めていた会社の社長が、発売されたばかりのゴルフ4 GTI(MT)を購入しました。

仕事の際に何度か運転させていただく機会があり、この経験を境に、すっかりゴルフの虜になってしまったのです。

以来、ゴルフ4ワゴンから現在所有しているゴルフ7にいたるまで、都合5台のゴルフを乗り継ぎました。よく「ゴルフ好きなんですね」といわれます。しかし、熱狂的なゴルフマニア…というわけ…でもありません。自分なりにさまざまな条件や予算、使用用途を考慮した結果、選ぶクルマがなぜかゴルフになってしまうのです。

そんな私にとっても、今回のフォルクスワーゲンの排ガス規制偽装事件は青天の霹靂でした。振り返ってみると、7月には庄司前社長の突然の退任。9月にはアメリカに端を発する排ガス規制偽装事件行為の発覚。そして、長年死守してきた、日本における輸入車販売台数ナンバーワンの座…。日本における2015年のフォルクスワーゲンは散々な年だったかもしれません。

このフォルクスワーゲンの不正行為が起こったとき、私はゴルフ6に乗っていました。事件発覚後から2週間ほど経ったある日、セールス氏から「今回の一件で売却された、いいゴルフ7があるから観に来ませんか?」との連絡がありました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...