自動車税の増額は割増ではなく、ふるさと納税っぽく還元してみては?

公開日:Posted in ライフスタイル by

毎年5月は自動車税納付のシーズンですね。Facebookのタイムラインに納付用紙の写真を掲載しての納税額を割増を嘆く投稿をよく見かけます。筆者もこの法律には原則反対の立場ではありますが、結局のところ、我々少数派は世界規模の自動車メーカーが行政に働きかけて作らせた仕組みをひっくりかえさせる気合も根性もなくなってきた・・・というのも正直な気持ち。

それならば「税金割増を撤回しろ!」と声高に叫ぶより、「わかった、税金は割増で払おう、でもこういうところで還元してよ」という提案をしてみてはどうかと思っている。

そこで、筆者なりにいくつかの草案をまとめてみた(理想も含めて)。

[1]ナンバープレートが選べる

自動車税 割増し

現在の日本のクルマのナンバーは原則4桁の数字だ。「1965」みたいにクルマの年式を希望ナンバーで取得したり、「911」「328」など、車種の名称になっている数字を取得している読者の方も多いかと思う。しかし、ここで提案がある。割増の税金を支払ったクルマについては「4桁の数字ではなく、8桁の英数字を許可する」という特典はどうだろうか?

自動車税 割増し

かなり自由度があがり、自己主張ができると思う。ただ、ひらがなとの相性がいまいちだ。そこで、ひらがなはつけなくていい、としてくれるとなおよろし、だ。「品川330さ FERRARI」だといまいちなので、「330 FERRARI」とかできるといいように思う。IT技術が進んだ今、車検証上は通常のナンバーもあるけれど、プレートだけカスタマイズできる、なんてことになったら、もしかしたら気持ちよく税金を払える・・・かもしれない。

[2]車検の予約が優先的に取れる

自動車税 割増し

全国の車検場に旧車レーンを設け、割増税金を支払ったクルマだけが予約できるレーンとする。混雑緩和にはあまり貢献しないかもしれないが、例えば、マイル表示のスピードメーターに優しい機械が設置してあったり・・・というような旧車および輸入車にも優しい措置があったりしたらいいなあと思う。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年...