「短時間・短距離」の試乗でも、そのクルマの本質が理解できるのかを考えてみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

逆に、「ちょっと違うな」と違和感を抱いたり、長い時間乗らなければいいところを探せないようなクルマは、あなたにとっていいクルマではないかもしれない。

「短時間・短距離」の試乗でも、そのクルマの本質が理解できるのかを考えてみた

自分がいいと思うクルマがほかの人にとってもいいとは限らない

ただ、自分にとってフィーリングがそのクルマと合うと感じたとしても、他人が同じように感じるかどうかはわからない(経験上だが、むしろ自分と同じように感じるようなケースの方が稀だ)。

これも「人と人」の関係同様に相性があるためで、自分が好きな人を他の人も好きになるかどうかはわからないし、自分が好きになれない人を他の人が好きになる場合もある。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...